別れさせ屋アライバル

埼玉県で行う場合の傾向と特徴

埼玉県では都内に通いやすく結婚して移り住む人がいるため夫婦を別れさせたいといった相談が多いです。県内でどのような方法が適しているか考えてみましょう。
問合せ

埼玉県の特色とそれに合わせたの手法

中心地のさいたま市が依頼件数トップ

埼玉は「ダ埼玉」と呼ばれていたり県民が自虐的に自分の街を田舎のような表現したりします。翔んで埼玉という漫画作品もあり2019年には実写映画化もされました。
このような埼玉の悪い印象は1980年代ころの話で、現在は公共交通機関の発展により生活環境もよくなり、東京のベッドタウンとして成り立っています。人口も神奈川に次いで多い地域です。それにより恋愛トラブルが発生するケースも増え、さいたま市や川口市を中心に相談は多くあります。

埼玉県男女比

埼玉県で依頼を受ける場合の依頼人の性別の割合は女性が68%、男性は32%と女性が多いです。この女性の割合が多いのは全国的に見ても平均的な数値です。

埼玉県市町村比

地域で分けるとさいたま市が一番多く川口市と合わせると埼玉県全体の約6割になります。
県の西側は所沢と川越、東側は越谷と春日部辺りからの依頼が多くあります。人口の割合によって依頼件数も比例するためさいたま市が一番多くなります。

埼玉県は先述の通り東京のベッドタウンとなっています。
大宮からであれば都内の主要駅まで20分ほどで移動できます。そのため大宮や浦和は人気エリアです。このあたりに住んでいる人が対象者のケースもありますが、それよりも多いのはもう少し郊外に住んでいるケースです。

結婚をして子供が生まれると賃貸では手狭となります。そのためファミリー向けのマンションや一戸建てに転居する人もいます。結婚して子供ができるころ、年齢は30代半ばの人です。子育てを考えるのであれば繁華街よりも住宅街の方が望ましいということで、さいたまの中心よりも少し離れた場所に新居を構える人も少なくありません。このように若い人であれば川口駅や大宮駅のそばに住むのが便利と考えるのでしょうが、子育てを考慮した場合、少し中心地から離れたところを選ぶ人もいます。

埼玉県年齢比

依頼をする人の年齢層は30代、40代が突出しています。恋愛トラブルが一番多い年代なのでしょう。例えば不倫が関係するものがそれにあたります。不倫ということは交際相手が既婚者です。妻がいる、夫がいるわけでこれを解決するためには離婚してもらわなければなりません。埼玉県で多い案件もこの不倫絡みのものです。そのため中心地より少し離れた場所に住んでいる人がターゲットとなるケースが多いのです。

埼玉県は関東で東京にもアクセスしやすいといっても、少し離れれば交通手段は限定されます。さいたま市以外の場所に住んでいる人のマイカー保有率は高いです。しかし車以外で移動する人も多くいます。移動する手段として多いのが自転車です。

徒歩よりも移動距離は多く、平地であれば負担なく移動できます。子供がいてもチャイルドシートをつけた自転車であれば子連れで移動できます。経済的でもあり利用者は多いです。埼玉は郊外でも田舎のように駅がないわけではありません。徒歩だと遠くても自転車で15分程度走れば最寄り駅にいける距離であれば自転車移動をする人は多くなります。
例えば入間市在住で都内に勤務している人の場合、車通勤は距離や駐車場の関係でできません。そのため入間市駅までは自転車移動して駅前の市営駐輪場に停め、そこから西武池袋線で所沢や池袋を経由して職場に行く形となります。もしくは狭山市駅まで自転車で行き、西武新宿線に乗る人もいるでしょう。
専業主婦の人でも駅前に買い物に行くのに自転車を利用するケースは多くあります。

工作を遂行するためにはまず工作員が対象者と接点を持たなければなりません。対象者が自転車移動の場合、同じように自転車を使用して相手を追い、行った先で接点を持つこととなります。ロードバイクなどのスポーツバイクでない限り、自転車の行動範囲は限定されます。徒歩よりは範囲が広くなりますが、自家用車で移動する人と比べると工作はやりやすいです。このように対象者が自転車移動の場合、まず初めにすべき作業は自転車の特定作業となります。

埼玉県で行う場合の傾向と対策

記した通り不倫が関係するものが多いのが埼玉の特徴です。不倫相手の夫婦を別れさせたい、または自分が離婚したいといった案件が多いです。

埼玉依頼内容比

上記グラフのようにそれらの依頼が多くあります。結婚して埼玉に住む人が多いためこのような傾向となるのでしょう。復縁が絡む案件もありますが、それに関しても結婚している人がターゲットの案件が多いです。
このようにターゲットが既婚者ですのでそれに合わせて手法を考えなければなりません。一般的な別れさせ工作の手法は異性を近づける形ですが、相手が既婚者の場合その手法が適しているとは限りません。別れさせは恋愛要素が必ず必要ではないのです。とくに夫婦の一方が不倫をしている状況であれば尚更異性工作は不適切でしょう。また小さい子供がいる場合も多いため、そのような中で異性を近づけるのは無理があります。

案件の状況によって細かな手法は異なりますが、当事務所は異性工作ではなく同性工作員を使った手法で解決していきます。結婚していて子供がいる状態であればこの形で行うのが理想でしょう。

当事務所では上尾市や桶川市でも工作を行ってきました。鴻巣もそうですがこのあたりは高崎線が走っていて都心に出やすいです。都内で働いている人もこのあたりに住んでいることがあります。対象者が電車移動であれば移動時に接点を持つことができます。接点の持ち方や方法については相手の職業や移動手段によってことなります。そのためそれに合わせて手法を決める形です。

当事務所では埼玉県全ての地域で別れさせ工作を対応しております。詳しくは一度お問い合わせください。相談は無料となっております。


メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談

クレジット決済可能