別れさせ屋専門

東京の別れさせ屋

新宿から都内全域へ。当事務所は他社とは違います。方法を知りたい方はお手数ですが一度お問い合わせください。相談は無料です。
問合せ

新宿から別れさせ屋工作をお届け

当事務所は新宿にございますので、この地域での調査工作は円滑に行えます。全国対応で行っておりますが、やはり地方の場合はスケジュールを抑えなければ動けないのが現状です。空路でいくような地域の場合は天候なども注意しなければなりません。しかし都内でとくに新宿であればスタッフのスケジュールが空いていれば即日対応という形も行えるのです。とくに新宿であればスタッフの全員に土地勘があるためスムーズに進めれらることができるのです。新宿の場合住んでいる人というよりはそこで働いている人のほうが多いような気がします。飲食店や飲み屋街も多いため、様々なトラブルを抱えているでしょう。当事務所がそれらのトラブルを解決していきます。

ご相談は24時間無料で対応しております。

人口の多い世田谷でも依頼が多くあります。世田谷は昔ながらの人が住む三軒茶屋もあれば高級住宅街などもあります。お隣の目黒区や大田区には田園調布や自由が丘、渋谷であれば松濤や代官山といった街も近くにございます。山の手と呼ばれるこれらの地域からの相談も東京では多いです。この地域に住んでいる方は独身者の方が対象の場合が比較的多いように感じます。とくに30代の人が突出しているようです。男女問わずこの年代の方は仕事に従事しておりある程度責任のある仕事をしている場合があります。そのため生活が仕事を中心としている場合があります。このようなターゲットの場合、接触のチャンスが少ないケースが多いので非常に難しい部類となるでしょう。

また立川や多摩、町田などのベットタウンにお住まいの方からの相談も多くあります。東京でも立川の場合交通の便が悪いため車両を使う方が非常に多いです。特にこの地域は都心のベットタウンとなっているような場所です。単身者がいるというよりは結婚をして子供がいる家庭が非常に多い場所です。これらの地域でよく相談のあるケースはW不倫など婚姻してない相手との交際による恋愛トラブルです。相談者は不倫相手の場合もあれば、それに気づいたもう一方のパートナーということもあります。

不倫が絡む案件というのは非常に多く、また成功するケースが多いです。そのため異性を近付けるという手法を取らない場合が多いでしょう。細かな手法に関しましては案件によりことなりますのでお気軽にお問い合わせください。

東京の案件は全国的に見ても多い傾向にあります。単純に人口が多いというのが理由だと思いますが、都内およびその隣接する地域からのご依頼を多く扱っております。都内には複数工作会社がありますが、中には悪徳業者というものも存在するのです。依頼をした途端担当者と連絡が取れない、報告は電話のみで画像など一切無し。そのため本当に稼働しているかどうかが分からない。このような業者に依頼してしまうと結果は伴わないでしょう。業者が多い分、それに比例してこの手の会社も多くあります。依頼を考えているのであればそのあたりを注意しながら選択すべきでしょう。

東京の別れさせ屋相談事例

ご依頼された方、また当事務所に相談された方より掲載しても良いというものを載せてあります。

学生時代から交際していた人と些細な喧嘩で別れてしまいました。当時は結婚の話も出ていたため、このまま彼と結婚すると思っていたのですが、このような形となってしまいました。原因は私にあると思い、自己改革をするためにマニュアルなどを購入して励んでいた矢先、共通の友人よりすでに別に付き合っている人がいるという話を聞きました。恐らく彼は当時から浮気をしていたようです。確かに付き合っていた当時、特に別れる数か月前から彼の様子は変でした。会うペースも少なくなっており、会ってもいつも同じデートコース。それに苦言を言ったのが原因だと思っていたのですが、どうやらそうではなく、彼が別の女性に入れ込んでしまったというのが本来の原因だったようです。

そのため私は別れさせ屋に依頼を考えました。いろいろとネットで検索すると業者が複数ありました。また騙されたという書き込みなどもあったので依頼先はちゃんと探さなければならないと感じました。しかし、相談する側には何の情報もありません。相談サイトなどもありますが、それもどこかの業者の回し者ではないか?と疑ってしまい、結局相談できませんでした。その時見かけたサイトが御社のものでした。どこの業者も料金が高く、また一度に費用を支払わなければならないというパック料金制。そのため頼んでダメだったとわかってもお金が返ってこないところばかりでした。ただ工作をいくつかの作業に分け、作業ごとに費用を支払うという形でした。このような形であれば依頼をした上で実際にちゃんとやってくれるか判断ができると思ったのです。

他社に依頼をしたのですが、お粗末な報告しかなく成功、失敗以前に何もしてもらえませんでした。テレビに出ているからといって安心はできない。大手だからといって信用ができないのがこの探偵業界なんだと知りました。しかも依頼内容が内容だけに裁判も起こせない、警察にも行けないという状態だったので。結果的に私は予算の関係上次の業者に依頼をするのを諦めたのですが、どうやら私が頼んだ業者は悪徳業者と言われるところだったようです。違法な手法で行うから依頼者には教えられない。担当者はこのように話していたのです。そのため警察にも相談に行けなかったわけですが、普通の業者であればまず法律に抵触するようなことはしないと知りました。予算もない私のためにいろいろと説明してくれました。最初に見つけていればよかったのにと悔やまれますが、もう過去のことを言っても仕方がありません。今回の失敗を糧に予算をため、再度依頼を考えたいと思っております。少し期間が空いてしまうため状況は変わってしまうかもしれませんが、その時はよろしくお願いいたします。

私の悩み事は職場で好きになった人と付き合いたいというものです。最近分かったのですがその女性には交際相手がいるということでした。何度かこちらから誘い、アプローチをかけたのですが、その彼とは学生時代から交際しているそうで、好きとか嫌いとかの恋愛感情ではなく、情で付き合っているということです。彼の不満を彼女からよく聞きます。しかしそれでも別れないとのことでした。私の目的はその彼と彼女の別れさせです。私が告白してから彼女とは少し距離が縮まったような気がします。このような状況で可能なのかを知りたく、連絡をいたしました。ちなみに彼に関しては情報が一切ありません。彼女は同じ職場なので住所や勤務先、退勤時間などを知っています。

彼と現在浮気をしている相手を別れさせたい。私は東京に住む女です。現在交際している彼がいるのですが、その彼が最近別の女性と浮気をしていることを知りました。知った経緯は彼の携帯を見てなのですが、それを彼に告げると自分の浮気は棚に上げて、携帯を見たことを責めるのです。確かに携帯を見るというのはよくないことですが、そもそも浮気を疑ってみたわけで一番の問題は彼にあると思うのです。最近では開き直り、普通に浮気相手と会うようになってしまいました。私とは自然消滅を待っているような感じです。彼の性格を考えると浮気相手と別れれば私のところに戻ってくると思います。そのため、この二人の関係を解消してほしいのです。彼は現在私と同棲していますが、最近は家にいることがありません。恐らく浮気相手の家に行っているのでしょう。帰ってきても私のいない時に着替えに来るだけです。女性に関しては写真(写メ)と携帯番号、アドレス、それと下の名前です。メールのやり取りなどを見る限り、夜の仕事をしているような方だと思います。彼も仕事が夜なので、時間もあっているのだと思います。

<提案内容>
まず行うべきことは女性の特定です。これに関しては彼を尾行することで特定できるでしょう。その後の作業に関してですが、一般的な手法は男性工作員を近付ける形となります。もしくは女性工作員を近付けて情報をまずは聞き出したのちに異性工作へと移る形でしょう。具体的な手法に関してはまずその女性を特定してから決める形でも構いません。当事務所は一度に費用を支払う必要が無いため、このような形で状況を見て方法を変える形も取れます。

元カレとよりを戻したいのですが、どうすればよいのでしょうか?私は26歳で、彼も同じ年です。学生のころからずっと一緒にいました。最近では結婚の話も出ていたのですが、突然彼から別れを切り出されました。理由はいまいちわかりません。突然のことだったので泣いていると、彼からその対応が以前から嫌だと言われました。私はそこまでワガママを言うタイプではありません。そのため、これが理由というのは納得が出来なかったのです。しかし、何を言っても受け入れてくれなかったため、別れることとなりました。その三か月後、彼が別の女性と付き合っているということを知りました。しかもその相手は私の友人でした。学生のころは私と彼、その友人とでよく遊んでいたのです。そもそも友人と彼は幼馴染でその友人から彼を紹介されたのがきっかけで交際が始まったのです。それを知った時、本当に悲しい気持ちとなりました。彼と別れ、友人にも裏切られたのです。私はこの時別れさせたいという気持ちが芽生えました。もちろん彼ともう一度やり直すというのが前提でしたが、すぐに何とかしようと別れさせ屋を探しました。

<提案内容>
ご友人がターゲットとなりますので調査は不要です。そのためすぐにでも工作に着手できる案件となります。このような場合は異性を近付けるより同性工作員を近付ける形のほうが効果があります。詳しい状況はもう少しお話をお聞きしなければ何とも言えませんが、大筋としては心理誘導を用いた手法となるでしょう。

妻と離婚をしたく相談をすることになりました。当方は三年前に結婚し、現在子供はいません。妻には何の問題もないのですが、どうも気持ちがなくなってしまい離婚をしたいのです。しかし何も問題もないため、離婚話をしても話は進みません。結果的に今の関係を続けているという状況です。何かしら妻に問題(浮気)があれば離婚の足掛かりとなるのですがそれはできるのでしょうか?妻は事務職で現在も共働きの状態です。休日は私と一緒に過ごしているため、工作員を近付けるのは難しいと思います。ただ土曜日はよく友人と飲みに行っているそうなので、狙うのであればそこになるかと思います。あとは平日の帰りに買い物に行く程度でしょうか。このような状況ですが、具体的な手法や費用面を教えてもらいたいです。

<提案内容>
何のトラブルもない夫婦を離婚させることは難しいです。ただ調査や工作を進めていく中で収取できる情報があります。諦めず進めてみるというのも良いでしょう。状況を考えると異性を近付けるよりは同性工作員を近付ける形がよいと思います。情報収集をしつつ、女性工作員を介して男性を近付ける形がよいでしょう。

うちの主人は会社を経営しているのですが、どうやら部下と不倫関係にあるようです。そこを別れさせることは可能でしょうか。いろいろなところに相談をしましたが、いまいちイメージがしづらいものが多く、それをして成功するのかどうか疑問に思い御社に相談をしました。その女性は五年前に入社しました。主人はもう60歳ですが、その女性は30代です。私も監査役で会社に行く場合があるので住所や容姿などもわかっています。その女性とは何度か会話もしたことがあります。六年前に離婚をしたそうでバツイチで子供はいないようです。離婚を機に職場を変更し、わたくしたちの会社に来たそうですこのような状況ですが、どのような形で行うのでしょうか。

<提案内容>
恐らく他社の提案は女性に異性を近付けるという形だったと思います。確かにその方法ではイメージがしづらいです。上手く進められれば良いのですが、越えなければならないハードルがいくつもあり、一つでも失敗すればそれらすべてが無駄となってしまいます。当事務所で本件を行うのであれば異性を近付けるという形ではなく、同性工作員を接触させる手法を取ります。そもそもなぜそのような関係になったのか、どちらからアプローチがあったのかなど見えない部分を知っていく必要があるのです。このようにして情報を収集していくことで具体的な手法というのが見えてくるのではないでしょうか。依頼する方からしてみると先が見えないのは不安だと思います。しかし、考えても答えが出るものではありませんので、進めながら判断していくしかないのです。そのため当事務所では支払い方をまとめてではなく行う作業に応じて支払っていくシステムを採用しているのです。

W不倫をしているのですが、そこが上手くいかない状態となっています。私も彼も既婚者ということを知りつつ交際をしていました。交際当時は割り切った関係で上手く続けていたのですが、やはり会う回数が増えるごとに気持ちもそちらに移ってしまいました。彼も同じように私と一緒に過ごしたいと言ってくれていました。そのため離婚を決意。私の家庭は以前より家庭内別居状態だったためスムーズに離婚が出来ました。しかし彼のほうは奥様が離婚に応じずもう三年ほど月日が経っております。最近になり、離婚の話は進んでいるのかと強くいったところ、「妻に悪いから離婚はできない」と彼から言われました。彼との約束で私は離婚をしたのに、彼はその約束を守らず家族を選んだのです。それ以降彼とは会っていません。恐らく連絡をすれば会えるのですが、会えば会ったでケンカになり、それが続けば別れ話になる不安があり前にも進めないのです。私は彼と一緒になりたい。この願いは叶うのでしょうか。

<提案内容>
そもそも彼が離婚話をしているかどうかはわかりません。彼のような男性は一定数おり、自分が悪者になりたくないから離婚話をしないのです。恐らくしていない、もしくはしたとしても大した話し合いはしていないでしょう。これでは離婚にも発展しません。しかしながら彼はお宅様と関係を持っていたというのは確かで、これは一つの離婚原因となります。そもそも夫婦関係が円満なのであれば浮気をすることも無いでしょう。そこに別れる要素があると思います。手法としては奥様に工作員を近付ける形となるでしょう。情報がどの程度あるかにより方法が変わりますので、どのような情報をお持ちなのかを教えてください。

今回相談をすることにしたのは以前交際していた人との復縁です。ただそれを目指すためには障壁があります。

私は町田市に住む30歳、彼も同じ町田に住む33歳です。交際期間は三年です。彼とは同じ会社で働いています。社内規則などは無かったのですが、社内恋愛禁止というのが暗黙の了解ですた。そのため誰にも言えずこの関係が続いておりました。

今年に入り彼の様子が少し変わりました。

それまでは結婚の話などもしており、婚約をしているのも当然といった感じでしたが、仕事を優先したいから結婚はできないという話まででるようになりました。実際は仕事ではなく彼の浮気が原因でした。

その浮気相手というのは同じ会社の後輩で22歳、同じ町田在住です。

私と彼の関係は社内で知っている人はおらず、相手女性も知りません。どのような状況で関係を持ったのかわかりませんが恐らく相手女性からアプローチがあったのだと思います。彼は誰にでも優しくする人で勘違いしてしまったのではないでしょうか。

浮気を知った理由は最近の彼の行動が怪しかったため携帯を見て知りました。かなり関係は発展しているような感じでした。その内容を見て私は腹を立て別れ話へと発展しました。彼は別れることに了承しましたが後になって冷静になりなんで別れたのだろうと後悔しました。その後、彼に復縁を伝えましたが、もう気持ちがないと言われました。

社内では同じ部署のため仕事の話はしますが以前のような感じではなくなっております。周りの人も彼の私への態度を見て最近冷たくなったと気にしています。

現在も彼と私、そして浮気相手が同じ職場で働いており辛い状況が続いています。

先日、彼と二人きりになるときがありました。彼は気まずいようすでしたがお酒が入っていたからか、そのまま肉体関係をもってしまいました。今度は私が浮気相手ということでとりあえず会える関係には戻りましたが、以前のようなデートというものでは無くただ食事をしてホテルに行くだけという状態です。

傍から見れば性処理をしているだけのうように見えますが、私はまだ彼のことが好きなので何とかこの関係を維持しようとしています。でもこのまま都合のいい女のままいても進展の期待は持てません。復縁の話も時折していますが、彼は自分から別れをいうようなひとではありません。

彼女のほうから別れ話がでれば、彼は別れを選択すると思います。このような状況ですが対応できそうでしょうか?彼も彼女も同じ職場で町田在住ということで情報は一通り揃っています。

<提案内容>
状況から考えて確かに彼から別れを切り出すことは無いでしょう。相談者の方は「彼は優しい」と思っておりますが、そのやさしさというのは場合によって相手を傷つける行為になることがあります。考え方次第ではそれは優しさではなく、彼自身が「自分が悪者になりたくない」「傷つきたくない」という気持ちから自ら別れを切り出すことをしないのだと思います。そうなるとターゲットとなるのは彼女でしょう。

二人とも町田在住ということですので頻繁に会っている可能性は高そうです。二人の関係が深くなれば同棲する恐れもあるでしょう。彼女に対し行う場合、一人でいるときを狙い、工作員を近づけていかなければなりません。社内恋愛が暗黙の了解で禁止ということですので退勤時は別々で帰っていることも考えられます。休みは一緒にいる可能性が高そうですので平日の動きの中で接点を持ち、まずは連絡先交換を目指していく必要があります。

二人の行動がリアルタイムで分かるため、状況によってはその都度動きを連絡してもらう必要があります。

彼とは三年前職場で知り合いました。上司と部下という関係で彼は経営者です。
職場といっても小規模で彼と私しかいません。職場では常に一緒にいます。
彼は既婚者で奥様と子供が二人います。奥様は職場で二人でいることが嫌なようで、浮気を疑っています。ただ証拠というものはなく、漠然と疑っている状態です。まあ奥様の思っている通り彼と私はそんな関係なんですが。
彼は離婚したいといっています。子供も奥様に渡すつもりのようです。もちろん養育費も払い、その後の生活の面倒も見るようです。しかし奥様は離婚をする気がないようです。
今回、この件でいろんな業者に問い合わせました。ただどこの業者が良いのかわからず、迷っている状態です。ほかの業者からは異性工作の提案をされましたが、正直それで別れさせられるとは思えません。
御社は別の手法があるようですがどのような方法でしょうか?私の住まいは八王子で職場も近いです。彼ら夫婦も八王子市内に住んでおります。

案件によっては異性工作という異性を使用した手法で行うのが適している場合もあります。反対に異性を近づけたとしても効果がないこともあります。恐らく奥様は夫に対し愛情があるのでしょう。だからお宅様と一緒にいるのがつらいのだと思います。その結果強く当たったりしてしまっているのではないでしょうか。
しかし彼は妻に対する愛情がありません。お宅様という存在がなかったとしても離婚をしたいという気持ちは消えないのではないでしょうか。つまり彼ら夫婦は継続が難しい状態ではあります。
離婚というのは一方的にできるものではありません。奥様が自発的に別れたいと思う必要があります。しかし今の状態ではそのような気持ちに傾くのは難しいでしょう。そのきっかけを作るために工作を行う形となります。
お宅様と彼の関係を知らせただけではただ監視が強くなるだけです。できればそのような形ではなく穏便に解決する方法を選ぶべきでしょう。当事務所では本案件を異性工作ではなく同性工作で行う形をお勧めいたします。
ただ実際に彼が離婚をしたいのかどうかという点も気になります。離婚をしたいといっているわりには特にそれに対して行動をしようとしない。そのように話していたとしても離婚話を進めないというケースもあります。確かに彼は離婚をしたいのかもしれません。しかし自発的にそれに向けて行動をするということはなく「自然に別れることができれば…」というような考えなのかもしれません。そうなると彼の行動を期待しても目的は達成できません。状況などを考え、やはり奥様に女性を近づけるのが良いと思います。

上記は上司と部下で彼は経営者という形でしたが双方ともに会社員というケースの方が多いです。仕事上の付き合いが始まりなわけですが、職種によっては社員同士で接する時間も多くなります。最初は仕事の話だけだったものが徐々にプライベートの話をしたりすることもあるでしょう。プロジェクトで長期的に一緒にいる時間が長くなることもあるでしょう。このような中で深い関係になることも当然あり得ます。もちろん職場で知り合っているので相手が既婚者なのか独身なのかを知った上で交際しているわけです。最初は不倫という形でもよいと思っていても、やっぱり別れてほしいという気持ちが強くなります。そのため離婚してほしいという気持ちになるのでしょう。しかし自分でどうすることもできません。人によっては自分の存在を使えるというような危険な方法を取る人もいます。しかしそのような方法は理想の結果にはならず、余計状況を悪くしてしまうでしょう。

社内不倫は長期的に続けるのが困難です。バレて終わるか、何らかの原因によって破たんするケースがほとんどです。もし彼と一緒になりたい、彼女と一緒になりたいという気持ちが強くあるのであれば早めに工作を行うことをお勧めいたします。


メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談

クレジット決済可能