別れさせ屋専門

対象者の仕事が忙しいので工作が行えるかどうかが不安

仕事が忙しい、動きが読めない。業種によって別れさせ工作の手法は変わります。より良い方法とは。

問合せ

動きの予測ができない人を対象とする場合

職業によって工作がやりやすい、やりづらいというものがあります。
出勤時間が決まっていない、出社場所がその時々で変わるなど、業種によって勤務形態も変化があります。例えば大工やとび職といった建築関係に従事する人を対象とした場合、同じ現場にずっと勤務するわけではありません。現場が変われば出社先も変わります。このような業種の場合どのような手法が取れるのかを以下の相談例をもとに検証していきましょう。

私の彼は建築現場で働く土木作業員です。彼が現在浮気をしており、その人と彼を別れさせたいです。浮気相手に関しては情報が一切ありません。職業柄出会いもないため、恐らく飲み屋で知り合った人ではないかと思います。そもそも私との出会いもキャバクラでした。仕事の付き合いと言っていますが、彼自身その手のお店に行くのは嫌ではないらしく、週2~3回ほど行っている様子でした。私はキャバクラに行ってほしくないわけではありません。そこで知り合った人と二人で会ったりされるのが嫌なんです。現在もキャバクラに行っているようですが、恐らく女性と店以外の場所でも会っているようです。この場合、どのような手法で別れさせるのでしょうか?

まず行わなければならないことは浮気相手の特定です。しかし、一切情報がありません。浮気相手を特定するためには彼を尾行し、特定の女性と会うのを待つしかありません。

彼のお仕事は建築関係ということです。この手の仕事の場合、主に現場の直行直帰、しかもその現場は定期的に変わります。お付き合いをされているとのことですので彼から現場の場所を聞き出せる環境ではありますが、今まで聞いていなかったのであればそれを聞くのは危険です。情報が多ければ特定をするのもやりやすくなりますが、警戒されると尻尾を掴みづらくなるでしょう。とくに彼は浮気をしているわけで、相談者様に気づかれないように行動をしているわけです。少しでも不穏な行動があれば一時的に会うペースを下げてしまうかもしれません。

工作で重要なことは工作と依頼人は全く別のものと考えなければなりません。情報は多いほうがよいですが、そこにばかり目をやれば自分の首を絞める結果になることもあるのです。このような場合、特定作業は長期的に行うよりも短期間の中で特定を目指す形がよいでしょう。現場の場所が変わらないうちに彼の行動を監視し、その中で浮気相手を特定する作業を行うのがよいと思います。恐らく一週間の中で一度は浮気相手と接触すると思います。

ターゲットとなる人物がこのように現場仕事の場合、日々行き先が変わる可能性があります。また天候によって大きく動きが変わることもあるでしょう。ただ残業なども少ない業種ですので、システムエンジニアを対象とした別れさせよりかは進めやすいのではないかと思います。
当事務所では様々な職種の方を対象とした案件を行っております。業種により行動パターンなどがある程度決まっているところがありますので、まずはその部分から手法を掘り下げていく形となります。相談は無料ですのでまずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事

長期化した不倫に関する別れさせ工作
長期化した不倫に関する別れさせ工作

ターゲットが40代以上の人の場合 別れさせ工作を依頼される方で一番多い年齢層は20代後半から40代前半です。恐らくこの...

お互いが既婚者。W不倫と別れさせ工作について
お互いが既婚者。W不倫と別れさせ工作について

W不倫の場合の傾向と対策 工作を検討されている方の中にはお互いが既婚者、つまりW不倫という状況の方がいらっしゃいます。...

システムエンジニアを対象とした別れさせ工作
システムエンジニアを対象とした別れさせ工作

正式に付き合いたいから別れさせたい 別れさせ工作のターゲットになる方の職業は様々です。地方の場合公務員が多いのですが都...

別れたいけど別れられないという方
別れたいけど別れられないという方

別れたいけど別れられないという方のサポート 別れ話をしたものの相手が同意してくれない。そのため別れられないといった相談...

もう一度夫婦をやり直したい「夫婦再生」の方法
もう一度夫婦をやり直したい「夫婦再生」の方法

別れさせ工作は夫婦再生の第一歩です 別れさせ屋を利用される方は復縁や不倫関係の成就が目的の方が多いですが、このページに書い...

メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談