別れさせ屋アライバル

別れさせ屋の離婚工作

別れさせ屋に依頼を考える方の中には、離婚したいけれど離婚ができない方、自分が浮気相手で相手夫婦を離婚させたい方もいらっしゃいます。
法律で守られてしまっている婚姻関係を終わらせることは可能なのでしょうか。
問合せ

別れさせ屋を使って離婚をすることは可能か?

※とりあえず話を聞いてみたい方は相談窓口よりお受けしております。

別れさせ屋を使って離婚させてほしいと相談に来る方は少なくありません。
離婚というキーワードこそ同じですが、方法はあなたがどの立場にあるかにより異なります。

自分は既婚者だが、浮気をしている。
今の配偶者と離婚をして浮気相手と結婚したい、もしくは浮気相手と表立って交際したい。

上記のようなケースは、「自分自身の別れさせ」です。
自分で別れるだけなのだから簡単だろうと思われる方も多いですが、

・自分から離婚を切り出す。
・自分から別れを切り出す。

これらは思いのほか勇気がいります。
特にご自身が浮気をしている場合は、あなたが有責配偶者側となります。
基本的にはあなたから離婚を切り出したところで、すぐにできるものではありません。(十年以上別居をしているなど、特別の場合を除いています)

配偶者が了承すれば良いのですが、何の理由もなく離婚を承諾するとは思えません。
また万が一浮気が相手に知られていれば、承諾してくれるケースは少ないのが現状です。

このケースでは、あなたの立場はかなり弱いと言わざるを得ません。
離婚するためには、配偶者が了承しない限りできないとお考え下さい。

・浮気の存在を配偶者が知っている、勘付いている可能性はありますか?
・浮気相手はあなたが結婚していることを知っていますか?
・浮気相手とあなたが交際してどのくらいでしょうか。
・配偶者が浮気をしている可能性はありますか?
・結婚して何年が経ち、また子供はいらっしゃいますか?

など、少しでもあなたの状況を理解するため、相談時には細かく質問させていただくと思います。
何が重要で、何が重要ではないか、判断のつかないことも多いと思いますので、思いついたこと、思い出したことは何でもお伝えください。

ご相談は24時間無料で対応しております。
料金を知りたい方はこちらをご覧ください。

■配偶者が浮気をしていて、離婚したい。
■しかし浮気の証拠はない。
■相手も離婚をちらつかせているが、あくまであなたに非があると主張している。
■もしくは浮気の事実を隠したまま婚姻関係を継続しようと考えている。

ここの項目では配偶者が浮気をしていて離婚をしたいケースをご紹介します。

・浮気相手の存在をどの程度把握している?
・配偶者は「離婚したい」と言っている?黙っている?
・配偶者は浮気を認めている?
・浮気の証拠をどの程度持っているか。

配偶者が浮気をしている場合、相手が有責配偶者となるため、あなた次第で離婚が可能です。
しかし、配偶者を有責配偶者とするためには、浮気の証拠が必要となります。
証拠をどの程度お持ちなのか、また配偶者の普段の生活スタイル、浮気相手をどの程度把握しているのかなど、質問は基本的には配偶者や浮気相手のことをお伺いすることになります。

もしお子様がいらっしゃる場合、親権の問題も絡んできます。
実際に離婚の手続きを行う場合は弁護士に相談いただくのが一番ですが、もし浮気の証拠をお持ちでない場合は、離婚工作と絡めて不貞の証拠収集も行うのが良いでしょう。

離婚工作は各々の状況によって慎重に進めていかなければなりません。
そのためご相談時に細かく質問させていただきますのでご了承ください。

ご相談は24時間無料で対応しております。
料金を知りたい方はこちらをご覧ください。

相手も自分も浮気をしていない。
もしくは、自分は浮気をしていないが、相手はわからない。
結婚をしたものの、配偶者と折が合わず、距離を置きたいと考えている。
浮気をしていてくれたら良いのだが、お互いそうしたことがなく、明確な離婚事由がないがそれでも離婚がしたい。

付き合っている段階であれば、理由なく別れを選ぶことは簡単です。
しかし一度結婚してしまうと、簡単に離婚ができないようになっています。

結婚してみたものの、一緒に暮らしてみたものの、そりが合わない。
なんとなく気持ちが離れてしまった。
もしくは、一緒に暮らすことで配偶者の嫌な面が見えるようになり、離婚を考えるようになった。

などのお問い合わせも、決して少なくありません。
しかし、理由のないまま離婚を切り出して、相手も了承してくれるかどうかは難しいところです。

・離婚話をしたことがある。
・離婚したいと思ったきっかけなどがあればその出来事。
・子供の有無。
・配偶者が浮気をしているかどうか。

一緒に住んでいる相手と気持ちが離れてしまうと、毎日の暮らしも窮屈で退屈なものとなってしまいます。
本来であれば工作を行わずに離婚が成立するのが一番ですが、理由がないため離婚を切り出すのも勇気がいるでしょう。

配偶者側が離婚したいと思えるような心理誘導を行っていく形となりますが、出来る限り夫婦の状況を把握出来ればと思いますので、ご相談時に細かく質問させていただきます。

ご相談は24時間無料で対応しております。
料金を知りたい方はこちらをご覧ください。

・交際相手が実は既婚者だった。
・相手の配偶者についての相談を聞いていくうちに親密な仲になった。
・「離婚する」と言っているが、なかなか離婚してくれない。
・交際相手を離婚させたい。

ご自身が浮気相手である状況は、精神的にも立場的にもかなりつらい状況であると思います。

交際相手とデートをしていても、帰る場所が自分以外に存在している。
心の拠り所として自分は配偶者よりも交際相手の心の占める割合が多いとしても、法的に結びついている相手がいる状況は心身ともに健康な時は良いですが、交際相手と喧嘩してしまったり、少し落ち込んでいるときなど不調の時はより心労を溜めてしまう要因となります。

あまり長期間一人で抱えていてよい状況ではありません。
特に交際相手は、配偶者との生活に不満やストレスを抱えていて、あなたに癒しを求めている状況が多いのではないでしょうか。
そんな状況であなたは少しでも心にゆとりや余裕を持ち、交際相手を支えていかなければならないのですから、あなたの精神状態は、あなた自身が整えていかなければなりません。

・交際相手が既婚者であることを知ったのはいつなのか。
・交際相手が配偶者に対して離婚話をしているのか。
・交際相手が離婚できない理由は何か。
・あなたと交際相手が会うタイミング。
・配偶者についてわかっていること。

など、特に交際相手の配偶者についてお伺いすることが多いと思います。
交際相手は浮気をしている状況ですから、離婚をする場合、配偶者が了承するかどうかが一番重要になります。
離婚に際して、あなたや交際相手の立場は残念ながら弱いと言わざるを得ません。

少しでも状況を改善するために何が出来るかを考えていきたいと思いますので、ご相談の際はできる限り細かくお答えいただければと思います。

ご相談は24時間無料で対応しております。
料金を知りたい方はこちらをご覧ください。

上記のケースに当てはまらない場合は、まずは個々の状況を確認する必要があります。
これまでにあったご相談ですと、

・子供夫婦の離婚させたい。
・親戚夫婦を別れさせたい。
・親を離婚させたい。

など、主に親族の離婚を願うケースが多いです。

ご自身が当事者ではない離婚工作の場合、当事者である二人の状況を出来る限り把握する必要があります。
そのため、お問い合わせの際に細かく質問させていただきますので、なるべく詳しくお答えください。

料金を知りたい方はこちらをご覧ください。

離婚を考えている方は離婚事由など熟知されていると思いますが、改めて記載しています。
離婚には双方の意思が合致する必要がありますが、話がまとまらない場合、調停、裁判と進んでいきます。

日本の離婚の9割ほどが協議(話し合い)か調停で決着がつきます。
裁判が争われるケースは稀ですが、協議でも理由なしに離婚はできません。
日本では裁判離婚をする際に離婚事由が必要です。
それを法廷離婚事由と呼びますが、以下のような事由が離婚原因として認められます。

■不貞行為
■悪意の遺棄
■生死が三年以上不明
■強度の精神障害
■婚姻の継続が困難な重大な事由

一番わかりやすいのがパートナーの浮気でしょう。
夫婦には貞操義務があり、結婚している男女は他の異性と性的関係を持ってはならないとあります。
つまり貞操義務違反は結婚上の契約違反に該当します。
契約違反ではありますが、浮気をしたらそれがそのまま離婚原因というわけではありません。
あくまでもそれが原因で婚姻の継続がし難いのかどうかを争うので、例えば一度の過ちであればそれは離婚原因とならないこともあるのです。
複数回、または継続性が認められない限り、婚姻関係を継続しがたい重大な事由にはあたらない場合もあるのです。
例えば配偶者が浮気をしていて、あなたも浮気をしていた場合、双方が浮気をしあっているわけですから、各々の責任が相殺されてしまう可能性があります。
浮気をしたら即離婚というイメージがもたれておりますが、必ずしもそうではないことは念頭に入れておくべきでしょう。

この「貞操義務」の理由を使った離婚工作の方法を提案する業者が一部いるようですが、あまり本気で取り合ってはいけません。
肉体関係を用いれば離婚できる、離婚したいと思ってもらえるのであれば、そもそも浮気相手が存在した時点で離婚できていなければなりません。
人の気持ちはそこまで浅はかなものではなく、また気持ちに関係なく、個人の気持ちだけでは離婚できない状況であることも多いのです。

また上記に説明した通り、不貞関係があれば必ず離婚ができるわけでもありません。
そもそも違法な手法です。
安易にそうした方法を提案してくる業者は、違法かどうかを正しく理解できていないか、依頼させるために適当なことを言っているだけです。
万が一本当に違法な手法も行っているのであれば、そんな業者に依頼してはいけません。もう少し具体的に言うと、情報を与えてはいけません。
違法でも構わず何をするかわからない業者だと判断できた時点で、あなたの情報を伝えるべきではないのです。

考え方を変えることができれば、「性格の不一致」で双方同意の上で離婚ができるのです。
そのため当事務所では強引にトラブルを作りだすなど違法な手法で離婚させる形はとりません。
またそうした依頼もお断りしております。

法律に抵触しない範囲で離婚工作を提案してほしい。
そうしたご依頼・ご相談であればいつでも歓迎です。

ご相談は24時間無料で対応しております。
料金を知りたい方はこちらをご覧ください。

離婚時に一番問題となり、長期化する理由となるのが親権です。
子供は自分の傍に置きたい。
ほとんどの親がこのように考えるでしょう。
この問題は特に男性にとって重要なポイントになります。

「子供は母親が面倒を見るのがよい」
日本ではこのような考えが根深く残っております。
単純に幼児期のころは母親が面倒をみる家庭が多いため、このような考えに偏ってしまうのは現時点では仕方がありません。
日ごろ子供との接点が多いほうが親権者となりやすくなります。
そのため子供が小さいときは特に、働いていて外にいることの多い父親が親権をとるのは極めて困難なのです。

母親に何らかの精神疾患や、ネグレクトなどの育児放棄、家庭内暴力があれば話は別ですが、それらを立証するのも難しいことも多いのです。
父親が幼い子供の親権を得るためには、母親が親権を放棄するなどがなければ難しいと考えるべきでしょう。

少しでも可能性を高めるため、離婚をした後、子供を安心に育てられる場所を用意しておく必要はあると思います。
こうした親権を得るための取り組みは、離婚をする前にある程度準備をしておくべきです。
子供が有意義に育つ場とは経済的にも精神的にも満たされる場所が必要となります。
仕事をしていれば経済的な部分はクリアするでしょう。
しかし、職務中に子供の面倒が見れません。
保育園に通わせるのももちろん一つですが、子供の体調は変わりやすく、何かあればすぐに子供を引き取れる環境が必要でしょうから、保育園だけでは不十分です。

あなたがすぐに職場から迎えられる距離に保育園があったとしても、やはり未だ子育てに専念できる人や環境がある方が望ましいと考えられています。
たとえば親兄弟などの協力者が面倒を見れるようであれば最適です。
親権について考える際は、周りの協力が得られるのかどうかを相談しておくのはとても大切なポイントの一つでしょう。

一昔前、元別れさせ屋による殺人事件がありました。
事件の大まかな内容は、夫が自分自身の離婚をとある業者に依頼しました。
その業者は妻に工作員を近づけ、離婚させました。
工作はこの時点で終了です。

しかしこの工作員が本当に妻と恋愛関係になってしまいました。
結果、妻と工作員が恋愛トラブルで揉め、殺人事件に発展してしまいました。

疑似恋愛が本当の恋愛となる。
教育されていないスタッフが陥る一番危険な状態です。
工作員は妻との交際を継続させるために工作業者を辞め、結果その妻と喧嘩の際に殺害をしてしまったのが事件の顛末です。

別れさせ業者元スタッフが起こした事件であり、出会いも工作によるものだったため「別れさせ屋工作」が大きく取り上げられましたが、実際問題、工作によって殺人事件が起こったわけではありません。
別れさせ屋工作に違法性があるというような話は法廷では一切話されていません。
出会い系で知り合ったのであれば「出会い系殺人」という形で紹介されていたのだと思います。
話題性のためにマスコミがこぞって「別れさせ屋」についての記事を書きましたが、事情を知れば関連性が薄いことはお分かりだと思います。

ただし工作業者は多くの人と接点を持たなければならない職業です。
今後このようなことで業界全体の信頼を落とさぬよう、各業者がしっかりと対策すべき問題であると考えます。

夫婦を離婚させるのは非常に難しいとは思います。
しかし、こうしたご相談にいらっしゃる方の多くは、表面化していないだけですでに夫婦間のトラブルが顕在しています。
不仲になったのか、浮気相手がいるのか、別の自由があるのかは一人一人のケースで異なりますが、別れさせ屋の仕事は、そうした二人の間にできている溝を少しずつ広げていく作業だとお考え下さい。

しかし、件の業者が採用していた肉体関係を用いた別れさせ屋工作は、違法性が高く当事務所では行っておりません。

探偵業は、民間企業です。会社として存在する以上、法令厳守が基本です。
社員にそのような行為を強要しているのであれば管理売春にあたり、社員が暴走したのであれば会社として管理ができていないことになります。
どのような状況であれ、このような手法はまともな業者であれば絶対にありえません。

離婚工作といっても、法律に抵触しない範囲で行わなければなりません。
それではどのような方法が法律に抵触することなく、また可能性があるのかを考えていきましょう。

まず離婚をするためにはどうすればよいかをお考えください。
離婚は一方的にできません。
もちろん相手側に何かしらの過失があり、それにより婚姻が破たんしたとなれば一方的に別れることができますが、基本的にはそのようなものはなく、また作り出したものでは意味がないとお考えください。
そのため、それ以外の手法で別れさせる必要があります。

工作を検討される方のほとんどが「離婚要素がない」方ばかりです。
相手に非がない、場合によっては自分自身に非があり切り出せない方でしょう。
双方同意の上で離婚をする形を目指す必要があります。
つまり「相手が離婚に同意する」「相手から離婚を切り出させる」ことが工作の目標となります。

離婚事由は一から作り出すのではなく、今あるものをいかにして有効利用していくかが離婚を進めるポイントとなるのです。

ご相談は24時間無料で対応しております。
料金を知りたい方はこちらをご覧ください。

私は妻子持ちですが、妻と離婚をしたく今回問い合わせました。

妻(22)とは三年前に出会いました。妻が働くクレープ屋の近くに私は働いていたのですが、一目見て妻に惚れました。
定期的にクレープ屋に通うようになり意気投合し、交際が始まりました。
私と妻はできちゃった婚です。
妊娠したためすぐに挙式を済ませたのですが、結婚後の妻の変わりように嫌気がさしました。
私との関係は日々悪化していきました。
一度離婚話をしたのですが一切受け入れてもらえない状態です。
ただ離婚原因には主だったものがありません。

妻は家事、育児ともにしっかりとやっています。
傍から見れば良妻のように見えますが、私は徐々に生理的に受け付けられなくなってきました。
勢いで結婚はするべきではないと今では思っております。

子供はかわいいため親権は手放したくないのですが、過去の判例から考えても私が親権者になれるとは思っておりません。
子供には悪いと思いますが、親権を手放してでも離婚はしたいと思っております。
このような状況で離婚工作は可能でしょうか?
できれば妻に非を作り離婚したいと思っております。

よくある相談ですが、相談内容全てを叶えることは難しいです。

まず「非を作る」ことはできません。
別れさせ屋が妻に近づき肉体関係を持てばそれが離婚事由にあたるのではないか?とお考えなのだと思いますが、この方法は公序良俗に反しますので行えません。
場合によっては依頼人である夫に対し何らかのペナルティが科せられるでしょう。
工作はあくまでも法律に抵触しない形で行わなければなりません。
ただお話を聞く限り、離婚をするように話を進めていくことはできる可能性があります。

本件の場合、依頼人である夫は離婚に前向きです。
つまり妻が離婚しようと考えれば、調停や裁判をするまでもなく離婚できる可能性があります。
相談者は離婚時にトラブルとなる親権も放棄する覚悟のようですので、妻が離婚を考えれば目的を達成できそうです。

この場合ターゲットとなるのは妻です。
妻に異性ではなく、同性工作員を近づける形となるでしょう。
離婚を考えるかどうかは妻が今の夫婦生活に満足しているかどうか、また将来どのようなことを考えているのかによります。

結婚生活が長ければ長いほど、また年齢が上がるほど離婚の選択肢は減る傾向にあります。
理由は様々ですが、自身が若いころの貞操観念や結婚観・離婚観などが根深い問題となっているケース、また専業主婦であれば、経済面を考えて離婚という選択肢に二の足を踏む方が少なくありません。

本件は結婚して時間もたっていません。
また年齢的にもまだ若いようですので、新たな道を歩むことも、本人が決意をしさえすればそう難しい問題とはなりません。
そのため心理誘導などをおもに行い、離婚を考えるようにしていくのが一番良い方法だと思います。

離婚工作は異性を近づけるハニートラップをイメージされがちですが、必ずしもそれだけではありません。
むしろその方法が全く通じない相手も多いのです。

別れるのも付き合うのも結局はその人の考え次第です。
離婚はすべきではない、離婚をするのは悪いことだという固定観念が多い方も少なくありません。
しかし、諸外国をみればわかる通り、結婚・離婚自体の考え方は多様化が進んでいます。
必ずしも結婚している状態が幸せであるとは言えないことが、決して口外してはならない禁忌ではなくなってきているのです。

結婚をして諦めてしまった夢や、可能性、選択肢として考えてはならなかった離婚という道。
少し視野を広げれば、自分の可能性はまた無限に広がる可能性がある。
基本的には離婚によるマイナスのイメージや印象をなるべく緩和し、自分にとって「離婚は前向きなもの」と思わせるような心理誘導を進めるのが良いと思います。

もちろん工作の手法は状況により異なりますので、詳しくは一度お問い合わせいただけたらと思います。

結婚前はこの人と一緒になろうという気持ちでいたものが、一緒に生活をしているうちに予想とは違った結婚生活を強いられている方がいらっしゃいます。一度決めたのだから耐えるのが普通と考える方もいるでしょう。しかし人生一度きり、ゲームのようにもう一度やり直すことはできません。今後何十年も耐え続けるのでしょうか。もちろん時間の経過とともに不愉快に思っていたものが麻痺する、または相手の対応が変わり問題点が改善する場合もあるでしょう。しかしそれがいつ叶うかもわからないまま待ち続けるのはつらいでしょう。
ご相談者様の中にはすでに別の方と交際している人もいらっしゃいます。本来であれば望ましい形ではありません。しかし結婚している状態ではその先発展することは無いのです。つまり、離婚をしなければ話は変わりません。

結婚してすぐ別れたいという相談が多くあります。
以下のような相談事例に当てはめてみましょう。

私は今年初めに結婚したものです。
ただ離婚をしたいと思っております。

妻には何の問題もありません。また夫婦関係は良好といえば良好です。

私と妻は同じ職場で働いておりました。私の部署に妻が入社、初期は上司と部下の関係でしたが仕事柄普段から一緒にいることが多いため飲み会の後酔った勢いで男女の関係を結びました。なし崩しの状態で交際、結婚という形になりました。
妻は結婚話が進むと早々に退社。現在専業主婦となっております。二人の間に子供はいません。妻自身がその行為にあまり興味がないようなので、夜の生活も仕方なくしているようです。お恥ずかしい話ですが私は性欲が強いため、妻が対応してくれないときは風俗などで処理をしております。そんな生活の中最近わたくしのことを思ってくれる方と出会いました。妻には悪いと思いながらも辛い夫婦生活から逃げるようにその女性と会っております。当初は相手の方も遊びの延長として会っていたのですが、最近正式に付き合いたいという話になりました。無論わたくしもそのつもりではありますが、離婚をするにもこれといった問題もなく困っております。
妻は離婚をする気は一切ないと思います。また私の浮気にも気づいておりません。いっそのことこの関係を妻に伝えて離婚話へと発展すればよいとまで考えております。もちろん妻には慰謝料も払うつもりでおります。このような状況ですがどのような手法が考えられるでしょうか?

相談者の方より提案のあった自分自身の浮気を妻に伝える形ですが、それだけ行っても恐らく夫婦関係が悪くなり主導権を妻が握るだけとなります。
浮気をすれば即離婚などと言葉では言いますが、実際にその状況になった場合その選択をするのはごく少数です。恐らく慰謝料の請求もされずギクシャクした関係を作るだけとなるでしょう。先々何かあるたびにこの浮気話をされるだけとなります。
トラブルを発生させたとしても最終的には妻がどのように考え結論を出すかによってきます。妻が決定権を握っているわけですのでその妻がこちらの理想とする状態を選択するように誘導しなければなりません。そのためには基礎作りが必要となります。最終的な手法は自身の浮気を伝える形をとるとしても、それ以前に妻が離婚したいと思うようにしておく必要があります。
そこで離婚をしない理由を考えます。まず一番は愛情でしょう。そもそも好きで結婚をしたわけですのでそれを変えるのは難しいです。しかし相思相愛でない関係をただ続けていくのは恋愛の形として不健全です。お互いの利害が一致しているからこそ恋愛が成り立っているわけで一方的なものは恋愛ではありません。現状夫婦関係は体裁を保っているだけで本質はただの同居人です。理由は夫側が妻に対する感情が無いからです。それに気づかせる必要があるでしょう。
もう一つは経済的な問題です。妻は結婚が決まったと同時に仕事を辞めております。離婚をした場合生活の基盤となるものがなくなるわけです。将来安定した生活ができるイメージを植え付けなければなりません。また離婚は何度も経験する人はいません。
離婚経験が無いからこそ将来に不安を感じるのです。また何かしらのトラブルが生じたとしてもそれを相談できる友人や知人がいないのも離婚を選択しないポイントとなります。一人で悩みに立ち向かう勇気を持っている人は少ないです。結果的に悩まなくてよい選択をしてしまうのです。そのため慰謝料請求もせず、また離婚もしない選択をするのでしょう。つまり我慢を選択するわけです。ただ対処できる術があれば、それを選択する可能性も出てくるのです。そのため本件を解決するのであればまず妻の気持ちや考えを聞き出しつつトラブルが起きた時に離婚の選択をするように事前に誘導させておくことが重要となります。
使える材料があったとしても使い方次第で有利に働くか不利に働くかが変わります。有利に進めるためにはこのような基礎作りが必要となるのです。

付き合った当初は結婚を考えていたとしても時間の経過とともにその感情が薄れてしまうこともあります。婚約をして式の日取りなどを決めているとき、すでに離婚したいと思っている人もいるでしょう。しかし「別れましょう」といえる状況ではない人もいるわけです。このように結婚してすぐや結婚を控えている状態で別れるためには第三者の協力が必要となります。結婚前の場合は式がいつなのか、結婚後であれば子供の有無や生活環境によって方法が異なります。まずは一度お問い合わせください。

メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談

クレジット決済可能