別れさせ屋アライバル

海外の別れさせ工作も対応しているのか

どうしても交通費がかかってしまいますが、海外で別れさせ工作を行うほうがメリットになる場合もあります。
問合せ

海外で行うほうがメリットがある場合も

当事務所では全国対応で別れさせ工作を行っております。
また海外の案件に関しても対応しております。

欧米などもありますが依頼の多い地域は東南アジアです。タイやベトナム、マレーシアなどの現地法人に勤務している方がターゲットとなります。最近ではミャンマーが対象地域となるケースが増えてきました。

相談事例をもとにどのような手法で行うのか、また費用面を見ていきましょう。

私は都内に住む女です。今回私が頼みたい内容は交際相手とその妻の別れさせです。私と彼は同じ会社に勤めています。付き合う前は同じ部署で同僚の関係でした。仕事が忙しく帰りも終電になり、一緒に帰ることも多かったです。その当時私は付き合っていた人がいましたが、彼と浮気関係を持ってしまいました。もちろん奥さんがいることも知っていたため、その場限りのつもりでしたが徐々に関係が深まり、手の切れない関係へとなってしまいました。奥さんには私の存在を知られておりません。彼は離婚をすると言っているもののダラダラと不倫関係が続きました。そんな時、彼が仕事の関係で海外に赴任しました。場所はタイにある関連企業です。海外赴任をすると10年ほど戻ってこれないため家族全員で現地に引っ越してしまいました。日本とバンコクという超遠距離恋愛となったわけですが、彼は仕事の関係で定期的に東京の本社に来ることもあったのでその都度会っていました。彼から奥さんの話を聞いていると本当に彼のことがかわいそうでたまりません。海外赴任になったのはアンタの仕事ができないからだ。一緒にいたくないが生活をするために離婚はしない。毎日のように苦言が飛び交っているようです。そのため別れさせたいという気持ちが私の中で生まれ、今回相談に至ったというのが経緯です。海外ですがこのような案件でも依頼は可能でしょうか?

当事務所は過去海外案件も対応しております。海外の場合言葉の壁がありスムーズに進めるのが難しいのですが、本件は対象となるのが日本人です。反対にこの壁をうまく利用できるでしょう。

現地にいるということは日本人との接点は限られるでしょう。ここが海外で工作を行うメリットになります。
初期の接触や連絡先交換はスムーズに行えると思います。問題はそのあとに関してです。定期的に現地に訪れ工作を行わなければなりません。つまりそれにかかる渡航費は日本で行うより増してしまいます。その部分の負担が必要となりますが、恐らく地方で行う工作に二割ほどプラスされる程度で抑えられると思います。もちろん地域により対応できるもの、できないものがありますが、本件の場合は問題なく行うことができるでしょう。

海外の場合旅費などが高くなり工作費も増してしまうのではないかと思ってしまうかもしれませんが、そこまで高額にはなりません。過去の案件では成功報酬込みで150万円以下で成功した案件もございます。むしろ海外ということでスムーズに工作が進められるメリットもあります。

ただ、海外で行う場合は最低限の情報が揃っていなければなりません。

例えば旅行時に工作を行う場合は乗る飛行機の便名、行き先、泊まるホテルなどを事前に知っておく必要があります。この事例の場合においても勤務先と現地の自宅住所は必要です。これらの情報が揃っているのであれば、動きの少ない国内で行うよりも海外で行ったほうが成功率が高まるでしょう。

メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談

クレジット決済可能