別れさせ屋専門

別れさせの逆である復縁も依頼できるのか?

復縁も同時に行うことで別れさせにつながる場合があります。状況に合わせて方法を考えれば可能性は高まります。

問合せ

別れさせ工作と復縁の関係性

別れさせ屋とは男女の恋愛を工作という作業を用いて終わらせる業務をしている人、またはその集団のことを指します。

名前は付けられておりませんでしたが古くから存在する業務でした。

自ら関係を終わらせることができない立場の方が第三者を利用して演出をする。別れさせ屋と呼ばれるようになったのは十数年前からですが、このような業務を行う人は一定数いたようです。
そのほとんどが探偵業の傍ら、サイドビジネスとして行っておりました。近年ではそれが主な業務として行う業者も増えております。当事務所も他社とは手法は違えどこの業務を行っております。

依頼される方は様々です。
自分自身が離婚したいという方もいれば、相手がいるケースもあります。後者の場合、復縁が絡んでいるものが多いです。

復縁と聞くと正反対のもののようですが、請け負っているのは探偵業者です。結局のところ男女の恋愛ですので、行う作業に違いはほとんどありません。気持ちのすれ違いの修復や情報操作、主な部分はここになるでしょう。業者の中にはハニートラップというような手法を用いるようですが、それでは表面上の部分にしか効果がなく、結局はその場限りのものになってしまうでしょう。

重要なのは一時的な別れや復縁ではなく、継続的にその効果が及ぶことです。それを目指すのであればもっと根深い部分の改善が必要となる場合もあります。また復縁を目的とした場合、別れさせ工作を行わずに復縁をサポートするケースも少なくありません。
もちろん状況によりこの手法がとれるかは変わってきます。

たとえば復縁したい相手と連絡が取れる状況なのかどうか、また二人の関係がどのような状態なのかにもよるでしょう。一切連絡が取れない状態であれば復縁のサポートだけで別れさせも同時に行うというのは難しいですが、友達関係を継続しているのであれば、対応次第で同時に行うことも可能となるのです。

略奪愛という言葉がある通り、あなた自身の対応で相手の気持ちを変えることもできるでしょう。しかし何の下準備もなくアプローチをかければ距離が離れてしまいます。事前準備や情報収集を行い、万全な体制で修復に挑まなければなりません。そのために工作、工作員が必要となるのです。

復縁したい相手と接点がまだあるとしても、少なくとも別れた関係であり、また交際相手もいる状態です。このような状況で相手が本心を元彼女や元カレに話すことはないでしょう。状況を無理に聞こうとすれば関係が悪化する恐れもあります。しかし工作員であれば本件とは何ら関係のない人です。またその人に真実を話したとしても不利益が生じるわけではありません。そのため情報を聞き出しやすい立場なのです。

相談者の方は「彼(彼女)は自分のことを人に話さない。出会ったばかりの人に容易く相談するのだろうか?」という不安に当たると思います。その考えは違います。
出会ったばかりの人だからこそ話しやすい場が提供できるのです。中途半端に関係を作ってから話を広げようとするとそこに利害が生じやすくなります。関係ができてしまうとその形で固まってしまいます。しかし出会って日が浅い人であれば様々な形に変化させることが可能なのです。また「いつでも切れる関係」だからこそ話しやすい場が作れるのです。
もちろん突然具体的に聞き出せば相手は警戒するでしょう。一度でも警戒心を持たれれば、それ以上の話は聞き出せなくなります。
気持ちを聞き出すためには様々な段階を踏んでいかなければなりません。そのため工作員には一定の技術が必要となります。よく登録制を利用する業者がありますが、そのような方は兼業で業務を行っております。つまり経験が浅くこのあたりの心理トリックを使えない人となります。
表面上の工作はできたとしても内面に作用するような手法は行えないというわけです。場合によっては警戒され、すべてが無駄となる場合もあるでしょう。
大きい会社ほどアルバイトを雇ったり、アウトソージング化してすべてを外注に流すところもあります。例え会社の規模が大きくてもこれではその会社に頼んだ意味もないでしょう。テレビに出ている、有名だからといってその業者が一番最適な手法を行ってくれるわけではありません。商業主義に走り、何の解決もないまま期間が過ぎるなんてこともあるかもしれません。同じ工作を行うとしても規模で選ぶのではなく、やはり手法を見た上で判断するのがよいでしょう。

話はそれましたが、復縁を目指すため上記のような作業を行い、何らかの材料が揃ったとしましょう。ここまではあくまでも材料集めです。材料が揃えば次は調理をしていかなければなりません。相手の気持ちを聞き出せていれば、アプローチの仕方もある程度見えてくるでしょう。
ここより先は依頼人の対応がかなり重要となります。もちろん当事務所でもバックアップしますのでその点はご安心ください。

ご相談時の段階では相手の情報や考えというのは相談者の方の主観が多く、そのため的を射た回答はできません。漠然としたお答えになってしまうのは仕方がないことですが、工作が進むにつれて客観的にその人物を見ることができるでしょう。これは別れさせ、復縁に限らずすべてにおいていえることです。
このように見えない部分が明るくなればそれに適した手法を選択できるのです。そのため当事務所では契約時に方針を確定させるのではなく大まかな外枠だけ決め、あとは進めながら方針を決める形で行っております。この手法のほうが可能性が高まるからです。別れさせとは反対の作業ではありますが、当事務所では復縁工作も行っております。相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

安全な別れさせ工作の方法
安全な別れさせ工作の方法

異性を近付けるとは限らない 別れさせ屋の方法は案件により様々です。 基本は「ターゲットとなる人物に工作員を近付け...

自分の子供と交際相手を別れさせたい
自分の子供と交際相手を別れさせたい

娘や息子の交際相手と別れさせたい 自分の子供のことで別れさせ屋を利用する方もいらっしゃいます。 相談で多いのは以下の...

移動手段に合わせた別れさせの方法
移動手段に合わせた別れさせの方法

ターゲットの移動手段によって方法が変わる 工作を行うためにはターゲットに工作員を近付ける作業が必要です。 当事務...

別れさせ工作は海外でも対応しております
別れさせ工作は海外でも対応しております

海外で行うほうがメリットがある場合も 当事務所では全国対応で別れさせ工作を行っております。また海外の案件に関しても対応...

対象者の仕事が忙しいので工作が行えるかどうかが不安
対象者の仕事が忙しいので工作が行えるかどうかが不安

動きの予測ができない人を対象とする場合 職業によって工作がやりやすい、やりづらいというものがあります。 出勤時間が決...

メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談