別れさせ屋専門

性別による別れさせ工作の仕掛け方

別れの状況は様々ですので復縁の方法もそれぞれ違います。復縁したいと思ったときすでに交際相手がいた場合の対処法。
問合せ

性別による工作の方法

世の中には男と女の二通りの人間がいます。工作のターゲットになるのもこのどちらかです。一般的な別れさせ工作は異性を近づける形ですが、果たしてすべての人間にこの方法が通じるのでしょうか。

その人個人の性格や生い立ちだけではなく、現在の状況や行動パターン、そして今回依頼をするにあたり目標としているもの。これらによって方法は変わります。場合によっては異性ではなく同性を近づけるのが望ましいケースもあるでしょう。また性別によって方法も変わります。

男女の恋愛を対象とした別れさせ工作の場合、工作の対象となるのは男性か女性です。そのためこの二人のどちらかをターゲットにして工作を仕掛けていく形となります。

一番イメージされる別れさせ工作は異性を近づける手法です。そしてターゲットになりやすいのは男性側になるでしょう。
理由は女性に男性を近づけるよりもハードルが下がるからです。たしかに女性ターゲットに男性工作員を近づけるよりか、男性ターゲットに女性工作員を近付けるほうが比較的簡単にできるかもしれません。ただ工作員を近付けるだけが工作ではなく、この部分は工作のスタート地点に立つためのものです。そこにばかり注視していると先の工作がうまくいかない可能性があります。

別れのきっかけは何なのかを考えることで方針も立てやすくなるでしょう。

まず、浮気をしたら別れるかというとそうではありません。当事務所は浮気調査なども行っておりますが、不貞の証拠が入手できても即離婚とはなりません。浮気を疑ったときはそのように思う方は多いでしょう。しかし実際に証拠が入手できたとき、本当に別れるべきかと悩まれる依頼者の方は多いのです。結局、その証拠は使わずに、夫婦再生を目指す方が大半です。反対にすぐに離婚へと行動を移す方は、不貞行為の有無にかかわらず離婚を考えており、離婚事由となるものがあるから調査をしているのだと思います。

「浮気=別れ」ではなく別れたいから浮気の証拠を集めているだけなのです。つまり気持ちはすでに離れていなければ浮気が発覚してもそれだけで別れにはつながりません。そうなると異性を近づけて浮気をさせるという方法は望ましくありません。

例えばターゲットとなる男女に何らかの確執がある、一方が浮気をしている、または過去に浮気をしているのがバレているなどのトラブルを抱えている場合、異性を近づけるのではなく同性工作員を近づける形も効果的かと思います。この場合は男性に男性工作員を近づける形です。

何かしら問題を抱えているわけです。男女トラブルはなかなか人には相談できないものです。しかし誰かに問いたい気持ちはあります。理由は現状で解決できていないから。人に相談して答えを導き出したいのです。では誰彼構わず相談できるかというとそうではありません。もしこのような状況で同じ悩みを持つ人が現れればどうでしょうか。同じ悩みであれば共感できるところもあるでしょう。工作員がその役を担えば本音を聞き出せたり気持ちを誘導させたりできるわけです。このように男性に男性を近づける方法が適している案件もあります。

「別れさせるためには女近づけて浮気させて」という考えは一度捨ててまずは今の状況がどうなっているのか、そしてどうしたいのかをしっかりと見てください。そうすればハニートラップではない別の方法も見えてくるでしょう。

男だから、女だから。このように性別で分けるのは望ましくないのですが、現実的に性差というものが存在し、これは工作にも影響してきます。

生物学上の女性の場合、男性に比べると筋力はありません。力では及ばないところがあります。実際にレイプ事件などの性犯罪被害に遭うのは女性です。身を守るためにため男性に対する警戒心が高い女性も多くいます。
工作は対象者と接点を持ち連絡先交換を目指さなかければなりません。男女関係なく友達が多い、異性に対し警戒心が低い方であれば異性を近づける形でもよいのですが、異性に対し警戒するような人の場合は接点が持ちづらいでしょう。このような場合は一度女性工作員を近づけて連絡先交換を行いその女性工作員を介して男性を登場させるという形を取ることもあります。

上記は最終的に男性工作員を登場させるケースですが、そもそも異性工作というかたちではなく女性工作員だけで別れさせるところまでを行う形を取るケースもあります。

既婚者でまだ小さな子供がいる人をターゲットとした場合、また妊娠している方の場合は異性を近づけずに女性工作員のみで行います。理由は単純で異性工作の効果の期待が持てないからです。

子供が小さければ常に子供と一緒です。親に預けて出かけられる環境であれば別ですが一般的には子供がある程度大きくなるまでは子供主体の生活となってしまいます。当然異性を登場させたとしても会えない状況が続きます。しかし同じ女性であれば話し相手となります。また子供が同席しても何ら問題ありません。

女性工作であればそこまで警戒心が下がります。男性工作員を近づける場合は男性がいても不自然ではないところで接点を持たなければなりませんが、同性であれば婦人服売り場や女子トイレなど接点の持てる幅は広がります。もちろん女性よりも男性工作員を近づけた方が効果が高い案件はそちらを選びますが基本的に当事務所は女性工作員を近づける、またはその工作員を介して男性工作員を登場させるという形を採用しています。

メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談

クレジット決済可能