別れさせ屋専門

同性愛の恋愛における対処法

以前より定期的にありましたが最近では同性愛者の方からの相談が増えてきております。異色な恋愛のように思われますが、基本的な部分は変わりありません。
問合せ

同性愛の復縁と別れさせ

恋愛指向というのは人それぞれです。セクシャルマイノリティという形で性的指向を少数派として分ける傾向がありますが、そもそも恋愛というのは100人いれば100通りの指向があります。ただそうはいっても自分と考え方が違う、一般的ではない性的指向は「別のもの」として考えてしまいます。当事者もまた社会一般的ではないと思っているケースもあります。このような特殊な恋愛に同性愛があります。

恋愛の悩みは異性愛、同性愛にかかわらず同じです。相手とよりを戻したい、今交際している人と別れさせたいなど一般的なものとあまり変わりはありません。そのため方法に関しても基本的に同じような形となります。

ご相談は24時間無料で対応しております。

同性愛が絡む案件の解決方法を以下の例をもとに考えてみましょう。

私は札幌に住む女です。元交際相手との復縁をするために別れさせる必要があると思い今回メールを差し上げました。実は元交際相手も女性です。

私はレズビアンで、彼女とは同性愛でした。

彼女とは元々アルバイト先の同僚でした。私自身同性愛というのは彼女と出会うまで考えもしませんでした。ただ彼女と一緒に食事をしたり買い物をしたりしているうちに違和感を感じました。彼女のことをもっと知りたい。深い関係になりたい。このように考えると夜も眠れませんでした。ずっと悩んでいたのですが失敗覚悟で彼女に告白しました。もう絶対に会えなくなるだろうなぁ...と思っていたのですが、彼女はあっさり私の告白を受け入れてくれました。

彼女と交際が始まり一年ほど経ったころ、彼女から別れ話が出ました。別れの理由は「わたしの束縛」でした。彼女のことが好きすぎて、常に行動を監視したりしていたのは事実です。誰かと会うときも不満を言っていました。彼女は私より年が若いため、いろんな人と遊びたい年頃なのでしょう。それを束縛されていたのがつらかったのだと思います。別れ際、直すように言いましたが受け入れてもらえず、彼女とは別れてしまいました。

その後私は彼女と働いていたアルバイトを辞めました。一緒にいるのが辛かったからです。

少し期間が経ち、私の心の傷も癒えてきたころ、偶然街中で彼女と再会しました。その際に少し話をし、もう一度彼女とやり直したいという気持ちが生まれました。再度復縁を申し込んだのですが、すでに新しい方と交際をしているようでした。彼女は泣きながら今の相手とは別れられないと話していました。このような状況ですが別れさせることでもう一度チャンスを掴みたいと思っております。

別れさせ工作はターゲットに対し異性(恋愛対象者)を近づけ疑似恋愛を用いて別れさせる方法をイメージされる方が多いですが、必ずしもそれが適しているとは限りません。

そもそも本件の場合、彼女が同性愛者なのかがわかりません。相談者の方も「彼女と出会う前は同性愛という選択肢はなかった」と言っています。これは彼女にも言えることで相談者様以外の同性の人とは交際経験が無い場合もあるのです。つまり今付き合っている人は異性の可能性も考えられます。仮に同性だったとしてもその方が同性のみしか恋愛対象として考えていないとは限りません。バイセクシャルの可能性もあるでしょう。

恋愛対象というのは人それぞれです。相手の性格がわかっていればそれに合わせていく形も取れますが、本件は性格どころか交際相手の性別もわかりません。また彼女自身の恋愛という部分においても参考資料が少ないため見えないところが多いのです。

このような中で恋愛工作という手法はあまり適切ではありません。とくに本件の最終的目的は復縁です。別れさせることができたとしても復縁ができなければ意味がありません。それなのであれば交際相手はとりあえず置いておき、彼女をターゲットにして工作を進めていったほうがよいでしょう。彼女に工作員を近づけ友達関係を構築していく中で情報収集や復縁のための心理誘導をしていくのが一番効果的な方法だと思います。


同性愛における恋愛トラブルは女性からの相談が多くあります。この手の相談はなかなかしづらいところがあると思いますが、相談の段階でも情報管理はしっかりとしております。また相談時は仮名でも構いません。一度勇気を出して当事務所にお問い合わせください。あなたの恋愛を解決するために適した方法を当事務所が提案いたします。相談は電話、メール、LINEで対応しております

メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談

クレジット決済可能