別れさせ屋専門

不倫から正式に交際するための別れさせ屋プラン

不倫関係ではなくちゃんとした交際がしたい。でもその場合は離婚が前提となる。このような悩みを抱えている人は多いです。この場合の対処法を考えます。

問合せ

別れさせ屋の行う不倫の対処法

出会うのがもう少し早ければ正式に交際ができたのに。このように考える人は多いのではないでしょうか。
しかしそれを考えたとしても状況はかわりません。今の状態からどのようにすれば自分の理想を求められるのかを考えていかなければなりません。

不倫ではなく正式に交際したい。しかし相手は結婚しているため別れさせたい。当事務所はこのような悩みを抱えている方のサポートを行っております。一人で悩んでいても解決はしません。まずは一度お問い合わせください。メール、電話だけでなくLINEでも受け付けております

不倫関係というのは社会的に見たら「悪」という扱いです。
婚姻関係にある人との交際は法律で禁止されているようなものです。その関係が認められるはずもなく、公になれば訴えられる危険性もあります。それでも相手とは別れられず悩んでいる人は多いようです。当事務所でもこの手の相談は多くあります。
以下の例をもとに方法を検証していきましょう。

私は今働いている会社の上司と不倫関係です。
今回は奥さんと彼を別れさせてほしいため相談をします。

私は三年前に今の会社で働きだしました。
上司は私の教育係を担当してくれ、仕事以外でも定期的に会うようになっていました。接点が多くなり、酔った勢いもあって上司と関係を持ってしまいました。
その後も定期的にそのような関係を持つようになり、私の家にも泊りに来るようになりました。

当時は「不倫はよくない」と思いながらも彼のやさしさに甘えていました。彼は少し前より離婚をするから一緒になろうと言ってくれるようになりました。でも、離婚話が全然進んでいないようです。
本当に離婚をしてくれるのか不安になり、彼に当たったこともあり、不安定な状態が続き、最近はあまり彼とプライベートでは会わなくなってきております。ただの遊びかと思っていたのですが、私との将来の話をしている彼を見ている限り、本当に私のことを考えてくれていると思っています。
彼とは現在少し距離を置いておりますが、私が会いたいといえば会ってくれます。何とかして彼と結婚したいです。
そのためには別れさせる必要があると思い、今回連絡を差し上げました。

この手の相談はよくあります。
不倫関係のため強く言えず、それがストレスとなり相手と別れてしまう方も中にはいらっしゃいます。このような案件を解決するためには依頼人の精神力というのも重要なポイントとなります。

さて、ご要望を達成するためには離婚が前提です。彼夫婦が離婚しなければ目的は達成できません。離婚をすれば本件は解決するため、それを目指して工作を行う形となります。
このようなケースで難所となるポイントと、ではどうすればよいのかをまとめました。

年齢や婚姻年数に関してですが、婚姻関係が長ければ多少のトラブルも受け入れられるようになってしまいます。
また年齢もある程度の年になれば妥協するところもあるでしょう。

あくまでも統計上の話のため、年齢や付き合った年数だけで判断するのは難しいところがありますが、長い年数一緒にいるということは相手の性格なども理解している部分が多いため簡単に離婚は選択しないことの方が多いでしょう。

子供の年齢も注意すべきポイントです。
ターゲットの子供が幼少、未熟児の場合常に子供と一緒に行動をします。
例えば異性工作員を近づける場合、子供が一緒にいると警戒する恐れがあるでしょう。
つまり小さいお子様がいる場合は異性を近づける方法はあまり適しておりません。そのため別の適した方法で行う形となります。

夫婦円満であれば別れる要素というものがありません。
別れさせ工作は確実なものではなく、またゼロのものを100にはできません。夫婦の間に何も問題がないのであれば別れさせはできないものとお考えください。ただ本件は夫である彼が浮気をしています。その事実を奥様は知らない可能性もありますが、このような事実があるのであれば夫婦関係に何らかの確執があると考えてよさそうです。実際にどの程度影響力があるかは工作を進めながら調べていくしかないでしょう。

不倫の事実を知っているかどうかで進め方というのは大きく変わります。
事実を知られている場合、夫である彼から離婚を訴えるのは難しいものとお考えください。

仮に知られていなかったとしても、離婚をする理由がなければ話は進まないでしょう。

離婚というのは結婚よりも大変な作業です。そもそも双方が争うつもりで話し合っているためまとまりません。そのような状態で不倫関係がばれれば、プライドから「別れたくない」という選択をする方もいらっしゃいます。
この手の案件を依頼される方の中には自分の存在を妻に伝えてしまう方もいらっしゃいます。浮気は離婚事由のひとつです。それを知ってもらえば離婚をするだろうと思い、そのような行動をしたのだと思いますが、「浮気」=「離婚」には基本的になりません。
突然出てきた浮気相手に家庭を壊されれば意地でも離婚しないという考えになってしまうでしょう。また現在は愛情がなくなっていても、元々は好きで結婚をしています。そのような相手を離したくないという感情も生まれるのではないでしょうか。このように浮気をしたから離婚という考えは浅はかです。
別れさせ屋の仕事というのは異性を近づけて既成事実を作るものと思っている方も多いようですが、法的な問題がありますのでこの手法は行えません。仮にそれが問題にならなかったとしても、浮気をしたら離婚となるわけではありません。とくにこの手の案件はそのような手法は適切ではないでしょう。

子供の有無などにより変わりますが、行うのであれば女性工作員を近づける形が適しているのではないかと思います。同性同士であれば初期のアプローチの段階でもハードルは低いです。
無理に男性を近づけるよりか女性を近づけそこで情報収集をしていく形のほうが先々進めるうえでもスムーズでしょう。工作業者の中には違法な手法、安易な提案をしてくるところがあります。
異性を近づける形はイメージしやすいと思います。しかし本質を見ていないからそれが適していると感じてしまうのです。離婚はもっと根深い部分を変えていかなければなりません。
当事務所は目の前の部分だけを見るのではなく、全体を見つつ状況に適した手法を提案いたします

関連記事

自分の子供と交際相手を別れさせたい
自分の子供と交際相手を別れさせたい

娘や息子の交際相手と別れさせたい 自分の子供のことで別れさせ屋を利用する方もいらっしゃいます。 相談で多いのは以下の...

結婚はしたものの離婚したい
結婚はしたものの離婚したい

結婚はしたものの離婚したい 場の流れで結婚。結果的に別れたいという相談が増えております。 結婚前はこの人と一緒になろ...

弁護士の方から別れさせの依頼があることも
弁護士の方から別れさせの依頼があることも

弁護士や行政書士などの士業に従事する方へ 別れさせ屋のイメージは非常に悪いです。人為的に別れさせる行為が公序良俗に反す...

離婚させたがもう一度別れさせが必要という場合
離婚させたがもう一度別れさせが必要という場合

再度別れさせが必要な場合 一度別れさせ屋に頼み離婚させたが、時間の経過とともに元に戻ってしまったというケースもあります...

ストーカーと縁を切りたい
ストーカーと縁を切りたい

ストーカーと別れさせ屋 別れさせ屋が行う仕事は「既婚者の関係を解消させる」というイメージがありますが、それだけではあり...

メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談