別れさせ屋専門

ターゲットが女性の場合の別れさせ工作

異性を近付けるのが別れさせ工作の基本的な手法というわけではありません。相手の性別のことも考慮して方法は考えなければなりません。

問合せ

ターゲットの性別によって方法が変わる

世の中には男と女の二通りの人間がいます。工作のターゲットになるのもこのどちらかです。一般的な別れさせ工作は異性を近づけるという形ですが、果たしてすべての人間にこの方法が通じるのでしょうか。

例えプロだとしてもその人の育ってきた環境や性格によってはうまい具合に工作が進められない可能性もあります。とくに異性に対し好意的な対応ができないターゲットであれば技術があったとしても接触や連絡先交換というのは難しいでしょう。

工作は接触や連絡先交換をしなければならないのですが、それすらできないようでは先には進めません。とくにターゲットが女性の場合、異性への対応が悪い可能性もあります。

男女関係なく友達が多い、また男性に対し警戒しない人であれば異性を近づける形でもよいですが、異性を近づけない、または男性に対し警戒するような方の場合、この時点で失敗する可能性はあります。そのような方の場合、男性を近づけるのではなく女性工作員を近づける形がよい場合もあります。

とくに小さなお子様がいる方の場合、普段から子供と一緒に行動をします。その際は母性本能が働き、男性が近づいたとしても警戒する恐れがあるでしょう。自然な形だったとしても一度そのような感情が生まれれば先々の工作にも影響してしまうのです。しかし同じ同性であれば警戒する可能性を下げる効果があります。そのためこのようなタイプの人は女性を近づける形が適しているでしょう。

まずは女性工作員を近づけ、相手の懐に入り警戒心を下げた段階でその女性工作員から男性を紹介するような形が適している思います。これに関しては相手の性格などにより変わるので、事前にどのような性格なのかを知っておけば最適な方法が取れるでしょう。ただこのようにワンクッションおいて進める手法の場合、ある程度の期間が必要となります。

最初に接点を持つ工作員との関係を深めていかなければ、そこから異性を登場させたとしてもその関係も深まりません。一般的な工作期間は四か月ほどですが、それに期間がプラスされる場合がほとんどとなるでしょう。もちろん期間が長引くに応じてその分費用というのも高くなってしまいます。このように料金や期間が高くなってしまいますが、そちらのほうが可能性が高いのであればそれを選ぶべきでしょう。

もちろん依頼される方のご予算状況によります。料金の差に関してですが、恐らく20~50万円ほどの違いが出てしまうでしょう。これに関しては女性をターゲットにした場合です。またその女性の中でもお子様がいらっしゃる、妊娠している、また男性経験の少ない方に対してです。さらに必ずしも男性を紹介していかなければならないというわけではありません。別れさせの多くは少なからず別れの要素があります。その要素が使えるかどうかは状況次第ですが、それが使える要素なのであれば、異性を登場させなくても工作を行うことができるのです。これに関しては案件により変わってきますので、まずは一度お問い合わせください。

関連記事

奥さんと別れさせる方法
奥さんと別れさせる方法

奥さんと彼を別れさせたい 独身女性と既婚者男性の不倫の場合、離婚をしてほしいと考える女性の方がいらっしゃいます。 ...

結婚はしたものの離婚したい
結婚はしたものの離婚したい

結婚はしたものの離婚したい 場の流れで結婚。結果的に別れたいという相談が増えております。 結婚前はこの人と一緒になろ...

ストーカーと縁を切りたい
ストーカーと縁を切りたい

ストーカーと別れさせ屋 別れさせ屋が行う仕事は「既婚者の関係を解消させる」というイメージがありますが、それだけではあり...

弁護士の方から別れさせの依頼があることも
弁護士の方から別れさせの依頼があることも

弁護士や行政書士などの士業に従事する方へ 別れさせ屋のイメージは非常に悪いです。人為的に別れさせる行為が公序良俗に反す...

元彼女のキャバ嬢と今の交際相手を別れさせたい
元彼女のキャバ嬢と今の交際相手を別れさせたい

キャバ嬢の復縁と別れさせ屋 当事務所では様々な職種の方をターゲットにした案件を扱っております。このページではターゲット...

メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談