別れさせ屋アライバル

復縁を目指すため、今あなたのすべきこと

別れの状況は様々ですので復縁の方法もそれぞれ違います。復縁したいと思ったときすでに交際相手がいた場合の対処法。
問合せ

別れさせ屋を使った復縁の方法

元々別れさせ屋は自ら関係を断てない人がスムーズに別れるためのサポートをするものでした。しかし最近ではそれだけではなく「第三者を別れさせたい」という依頼が多くなっております。

別れさせたい理由は人によって様々です。
正式に交際するために別れさせたい、不倫ではなくちゃんと交際したい。このような理由で別れさせ屋に依頼する人もいます。また一度別れてしまった相手と復縁を目指すため依頼をする人もいます。

別れた後、よりを戻すために頑張っている人もいます。自分磨きをしたり冷却期間を設けた人もいるでしょう。このように復縁を目指して時間をかけたわけですが、このかけた時間の流れの中で復縁したい相手の環境も変化しているのです。

復縁したい相手がいるけれどもすでに新しい交際相手がいる。

このように新しい相手が見つかっている場合もあります。別の人と結婚してしまっている場合もあるでしょう。本来ならそこで諦めるのでしょうが、それができない人もいるわけです。このような場合、別れさせ屋が必要となるのです。

一方は破壊するもの、もう一方は修復するもの。別れさせと復縁では正反対のものですが、扱うものは人と人のつながりの部分。そのため作業は似たような部分が多くなります。

別れさせて復縁をするとなるとまずはターゲットに異性を近づけハニートラップを仕掛ける。別れた後に依頼人が登場し復縁をする形をイメージするかと思いますが、これでは一過性のものとなってしまいます。
復縁を目標とした別れさせで一番重要となるのは別れた原因の修復や改善です。原因が改善出来ていなければ別れさせが成功しても復縁には至りません。そのため別れさせるという表面だけを見るのではなくもっと根深い部分の改善が必要となります。ここを改善できれば別れさせ工作を行わずに復縁ができるものもあります。

要は復縁したい相手がよりを戻したい気持ちになればよいわけです。よりを戻すとなれば今の交際相手と別れる選択をします。このようになれば別れさせと復縁を同時に行えます。
復縁するようにアプローチをかければよいのですが、一度別れてしまった相手です。別れた時の状況が酷かったものもあるでしょう。また現状で連絡が取れない、連絡が取れても良い関係が築けていない人もいます。この状態で相手にアプローチをしてもよい答えは返ってこないどころか悪い印象を与えてしまいます。
そうならないために事前準備が必要なのです。相手の心理状態を把握、また別れた経緯、今の交際相手との関係などの情報を集め、万全な体制を整えて挑むのです。そのために工作員を使います。

相手の気持ちを聞き出せていれば、アプローチの仕方もある程度見えてくるでしょう。ここより先は依頼人の対応がかなり重要となります。もちろん当事務所でもバックアップしますのでその点はご安心ください。

この方法が適しているかどうかは状況によって異なります。案件によっては別の方法が適しているものもあります。そのため案件ごと方法は考える形となるでしょう。

復縁を目指す上で何を注意しなければならないのかをまとめました。以下をお読みください。

別れの原因は様々です。
お互いの気持ちのすれ違いによって別れてしまったもの、別に好きな人ができて別れに至るものもあります。後者の場合、新たな相手の存在をどうにかしなければなりません。また前者だとしても別れてから時間が経てば新たな交際相手が出現する恐れもあります。状況によっては復縁を目指すために別れさせの作業が必要になります。

復縁と別れさせは全く別物のように思えますが、行う作業は似たところがあります。

よりを戻したいと思った時に相手にアプローチをかけ、復縁の話をしていくわけですがすでに交際相手がいる状態の場合は正式に付き合えません。
復縁ということは元交際相手です。付き合っている、または結婚相手がいる中でなかなか元交際相手と会うのも気まずいでしょう。
人によっては二股状態となることもありますが、二番手という立場となります。
結局は別れさせなければ本来の復縁にはなりません。もちろん二股状態が続く中で気持ちがこちら側に傾き、交際相手と別れる可能性はあるでしょう。
ただどのように考えているかわからない中でそれを待ち続けるのは精神的な負担がかなり大きいです。
いつ別れるのか、またいつ復縁してくれるのかわからないまま待ち続けるよりは対策を講じていったほうがよいと思います。

復縁を目指すための別れさせ工作について重要なポイントを挙げていきます。

よりを戻すためにはどこかしらで接点をもたなければなりません。別れの原因の修復は済んでいても相手と接点が取れなければそれを伝えることもできません。連絡が取れない状態では接点が持てません。復縁できる環境が整っているのに相手と連絡が取れなければそこから先に進まないのです。連絡が取れる環境ではない場合はそれを作り出す作業から行わなければなりません。

まず相手の居場所が分かっているのかどうかが重要となります。居場所さえ分かっていれば接点を持つことは可能です。無い場合は特定作業が必要となるでしょう。

日ごろから連絡を取っているのであればアプローチもできます。ただ相手の反応を考えなければなりません。とくに一度別れているわけです。相手があなたをどのように思っているかは重要になります。今でも別れた当時の感情を引きずっているようでは悪い印象が強く残ってしまっているでしょう。そのような状況で連絡をしてしまうと悪い方向に進んでしまいます。ただ連絡を取ればいい、接点を持てればよいわけではなく連絡の取り方も重要なのです。

別れたけれど定期的に会える関係、別れた後は会っていない、絶縁状態でなにもできない。このように人によって状況が違います。
定期的に会える関係なのであれば特に嫌いになったわけではないでしょう。絶縁状態の場合は関係の修復作業に重きを置かなければなりません。

では修復作業に関してですが、別れの経緯によっても変わります。一般的に多い理由は価値観の違いによる気持ちのすれ違いです。

恋人関係だとしてもあかの他人であり生まれ育った環境は違います。違いがあれば価値観も違うわけです。本来であればお互い意見しあいながら妥協点を見つけて関係を深めていくわけですが、それをせずにお互い話し合わないまま関係を続けていると、その時はよかったとしても躓いたときにすべてが壊れてしまうのです。相手を理解することが重要で、それは別れた後もできる部分です。過去を振り返り悔やむのではなく、過去の振り返り問題点を探しそれを改善していく作業が復縁では重要になります。

別れの理由がわからない、原因がわからないと悩んでいる方も、大体が価値観の違いが原因です。絶縁状態で会えないのを悩むよりも前にここの修復が先です。

理由なく別れることはなく、何らかの理由によって交際が破たんしているわけです。その理由が現在交際中の相手だったりすることもあるでしょう。

復縁で一番重要となるのは「別れた原因の排除や緩和、修復」です。

原因が改善していなければよりを戻してもまた別れ話になってしまうでしょう。そのため原因の究明は重要です。別れた原因が曖昧でよくわからない人もいるでしょう。また別れ話の際に話していた原因が本当の理由とは限りません。

原因が不明なのであればここを調べていく作業も必要となります。

また別れた時期も重要なポイントです。よく復縁には冷却期間が必要と言われております。たしかに冷却期間は必要なものもあります。この冷却期間に関してですが何もせずに待つだけではありません。この期間内にしっかりと考え対策を取るのです。
そのため別れてから期間が経っているよりも別れてすぐに対処していくほうが復縁の可能性は高まります。工作は一日や二日で成果を出せるものではありません。そのため早期に着手し、結果が出るまでを冷却期間と考えて準備する形が理想です。

復縁したいがすでに新しい相手と交際している場合、相手の身元を知っておいた方がよいでしょう。
すでに結婚をしているのであれば同じ家に住んでいますが交際関係でまだ付き合いも浅いと同棲をせずに別々に住んでいることがあります。

住所や容姿、勤務先がわからない場合はそれらを特定する形となります。

お持ちの情報量にもよりますが、全くないのであれば復縁したい相手の行動を監視して交際相手を特定する形となるでしょう。

復縁を目指す上で一番厄介なのが物理的な距離です。遠距離恋愛でもうまくいくカップルはいますが、条件的には不利です。心理的距離が近くても会えない環境が続くと気持ちも離れてしまいます。インターネットの発達により連絡手段も増えましたが直接会うのとではやはり違うのです。いつでも会える環境を作るのも復縁では重要なポイントです。遠距離なのであれば引っ越しも考えるべきでしょう。

このように復縁は情報量や状況などを加味し方針を決めていく形となります。

別れたのは二人の間に何らかの問題があったからだと思いますが、そもそも付き合っていたわけですのでその時はお互い好意があったわけです。そのため今後の対処次第で修復できる可能性は充分あると思います。

復縁したい相手に交際相手がいるとなった場合、別れさせ工作が必要となります。別れさせるのは簡単ではありません。しかし今の状態で待っていても状況は変わりません。
多くは難しい案件ですが、そのような中でも成果を出してきました。そのため諦めないでください。

以下は復縁を目指す際に対象者に交際相手がいた例となります。

復縁を目指すためには別れた原因の究明とそれの対処、また自分自身の改善ですが状況によってはそれだけ行っても無理がある場合があります。その一つにすでに交際相手がいるケースです。

別れた後に別の人と付き合ってしまった、もしくは別れの原因が現在の恋人という場合もあるでしょう。このような場合別れさせる必要があります。以下の相談事例をもとにどのような方法が取れるか検証してみましょう。

私は埼玉に住む男性です。
学生時代より付き合っていた彼女と一年前に別れました。

別れの原因は付き合いが長くなりマンネリ化したものだと思います。

彼女は別れた後すぐに別の男性と交際したそうです。もしかしたら付き合っていた当時も二股状態だったのかもしれません。

現状彼女とは連絡は取れるものの彼に悪いからという理由で会ってはくれません。向こうから連絡が来ることはなく、こちらの質問には答えるという感じです。

私は復縁を望んでおりますが前述の通り彼氏がいる状態です。二人が別れればもう一度やり直すことができるのではないかと思っており今回相談をする形となりました。

ネットで検索すると別れさせ屋はかなりの数あるようです。どのサイトを見ても曖昧な感じですが、御社のサイトは比較的具体的に書いてありました。また費用対効果なども考え適した手法を選択できるという点に魅力を感じました。このような状態ですがお手伝いしてもらうことは可能でしょうか?ちなみに彼女の情報は一通りそろっておりますが男性に関しては年齢と大まかな住んでいる地域がわかる程度で職業など一切不明です。二人がどのような形で知り合ったのかも分かりません。彼女の職業柄外での出会いはあまりないため同じ職場の人か古くからの友達とかではないかと思っております。

このようなケースの場合別れさせが必要です。

連絡が取れる状況は復縁で重要なポイントとなります。しかし現状で連絡を取っても事務的な対応しかしてくれません。連絡を取らなくなると忘れられるのではないか?と思い、用もないのに連絡する方がいらっしゃいますが、それは不適切な対応です。

連絡を取らなくなれば記憶から薄れていくのは確かです。しかし気持ちが冷めきっている状態でそれをすれば印象は悪くなってしまいます。連絡を取るとしてもただ取るのではなく好印象で記憶に残るような形にしなければなりません。
またタイミングも重要となります。そのため無暗に連絡をするのではなく、計画的に行うべきでしょう。

相談者の方と彼女の関係はそれで現状を維持できますが、復縁するためには障害を取り除かなければなりません。

今回の障害は今の彼と彼女の関係です。ここが別れなければ復縁の可能性はゼロです。諸々から別れさせ工作が必要となります。
一般的な方法は男性側に異性を近づける形ですが、それをするためには男性の身元を特定していかなければなりません。男性の情報はありませんので特定するため彼女をターゲットとして行動を監視します。
ただ二人がどのように会っているかは不明です。職業がわかっていればある程度予測も立てやすいのですが、それがないとなると彼女側の情報や相談者の方と彼女との交際当時の情報をもとに絞っていく形となるでしょう。

交際当時、週末に会っていたのであれば週末に絞る、平日会っていたのであればそちらを重点的に調査を行う。調査も闇雲におこなうのではなく、ある程度計画的に行うのが得策です。

しかしそれでも特定できないケースもあります。
遠距離で会う頻度が限りなく少ない、偶然その時会っていなかった、さらには交際の事実すら嘘であった。このような理由で特定できない場合があります。
特定できないとなると彼氏に対して工作を行えません。何も得れずお金だけかかってしまい失敗となってしまいます。そのためこのような場合は彼氏ではなく彼女を工作対象と考えるのがよいでしょう。

どこの誰なのかもわからない相手をターゲットにするのではなく、趣味嗜好や行動範囲、性格がわかっている彼女を対象とするのも一つの手法です。彼女であれば調べる必要もなく工作に着手ができます。

彼女に行う作業は異性を近づける形ではなく、同性工作員を近付ける心理誘導です。

結局のところ付き合うのも別れるのも彼女次第です。つまり彼女が相談者の方と別れた時のように自分で決断を出せば別れさせが成功するわけです。異性を近づけて浮気をさせる、三角関係を作り出す形よりも気持ちを変えていくほうが効果があるでしょう。

当事務所ではこの方法を多く採用し、成功例もあります。
人の気持ちを変えるのは簡単ではありません。簡単なのであれば業者は必要ありません。費用を支払い目的を達成したいのであれば可能性の高いほうを選択すべきかと思います。

別れさせ屋を利用される方は復縁や不倫関係の成就が目的の方が多いですが、「夫婦再生」を目指している方もいらっしゃいます。

結婚をしているとはいえ、仲が悪ければそれは書類上の関係です。書類上だとしても相手が浮気をすればそれを差し止める効力があり、また離婚も一方的にはできないのが日本における婚姻制度です。しかし法律など無視して不倫をする人もいらっしゃいます。
このように開き直られると厄介です。
慰謝料の請求もできる、本来であれば法律で守られている立場ですが、それを行使できず我慢をしている人も多くいらっしゃいます。そのような方から解決方法はないのかという相談も少なくありません。

以下の相談事例をもとにどのような方法がとれるのかを考えてみましょう。

はじめまして。私は川崎に住んでいる女です。今回相談に至った理由は「夫の浮気を辞めさせたい」というものです。

私たちは結婚10年目ですがいまだに子供がいません。私自身その行為があまり好きではないというのが理由ですが、出来づらい体質もあり子宝に恵まれないまま10年も月日が経ってしまいました。不妊治療なども一応し続けているのですが、この子供が産まれない状況が続き、夫婦関係が悪化してしまいました。

現在夫とは別居しております。別居の理由は離婚のためです。離婚事由は性格の不一致と夫は言っておりますが、実は夫が浮気をしている事実を知りました。その事実を知らせてくれたのは浮気相手でした。

先日私の携帯にその浮気相手から電話がありました。同じ会社に務めている女性です。別居をしたのもその人と一緒に住むためのようです。

私は夫を愛しています。もう一度やり直す努力も惜しみません。何とかして浮気相手と別れさせてもう一度やり直したいと考えております。この依頼を夫婦再生の第一歩としたいです。

浮気を隠して離婚を訴えてくる方は比較的多いようです。
日本における離婚事由で一番多いのが「性格の不一致」です。何のトラブルもない夫婦であれば性格の不一致を離婚事由にあげるしかないわけですが、このような理由で離婚話をしてきた場合浮気を疑うべきです。

さて、今の状況ですがまず行うべきことは事実確認です。
何もせず、また情報がないまま離婚話が進んでしまうと対処できなくなってしまいます。現段階で証拠は取得しておくべきでしょう。

事実上婚姻が破たんしている場合、別の異性と性的関係が認められたとしても結婚時の浮気ではないという扱いで無罪放免となってしまいます。つまり離婚話が具体的に煮詰まった段階で得た証拠では意味がありません。まだ事実上離婚には至っていないという段階で証拠は取得しておくことです。
この証拠を使うかどうかは先々の工作の進展具合で変わります。証拠を突きつければ不貞行為が明るみとなるため夫から離婚を訴えるのは極めて困難な状態になります。つまり離婚はなくなります。しかし夫婦関係はそれで改善できたといえるのでしょうか。書類上の関係が続くだけで、中には開き直る人もいるのです。

取得する証拠は出来る限り使わずに別の方法で解決する形を選択します。別の方法がうまくいかず万策尽きたときに最後の切り札として使用するためのものとお考えください。
工作はこのようにリスクヘッジをしながら失敗したときの受け皿を用意しておかなければなりません。

証拠を取得したら次に行うべき作業はそれ以外の解決方法を実行するための工作です。

本件の場合、ターゲットにすべき人は浮気相手です。
浮気相手に同年代の女性を近づける形が一番でしょう。その理由は相手も悩んでいるからです。

当事務所では浮気相手の方から夫婦の別れさせを依頼する方もいらっしゃいます。つまり浮気相手も悩んでいるのです。
とくに浮気相手の方は法的にも立場が弱いです。訴えられれば身を引くしかなく、離婚が成立しなければ宙に浮いたまま過ごさなければなりません。
妻が離婚に応じない限り、浮気相手もまた苦しむことになるのです。

すでに妻に対し関係を伝えているあたりを考えると、もう手がなく実力行使をして離婚させようとしたのでしょう。

不倫をしているという相談は人にはできません。とくに社内恋愛であれば尚更相談できないでしょう。浮気相手もまた一人で悩み、そのような自爆行為に出るしかなかったのです。そのため相談役となる工作員を浮気相手に近づけるのです。
今のような関係は無意味で成就しないとわかってもらうために第三者である工作員が近づき心理誘導を行う形です。おそらく本人も気づいてはいますが気持ちの整理ができないのだと思います。その決断を促す形となります。

浮気相手が身を引けば、自ずと夫婦関係も改善するでしょう。別れさせ工作の中では比較的進めやすい案件です。

このようにして不倫を解消、そして夫婦のやり直しを目指します。

以上の形で離婚原因の一つである第三者の介入(浮気)の部分は対処できました。しかし一度離婚に向けて歩みだしたため、そこから元に戻すのは相応の努力と対処が必要となります。

そもそも浮気に走ったのは夫婦関係があまりうまくいっていなかったのが起因となっています。浮気をして夫婦関係が悪くなったのではなく、夫婦関係が悪かったから浮気をしたとお考え下さい。

セックスレスや色々な事情により夫婦関係が悪くなることもあります。それらの改善に向けて動き出さなければなりません。そのため何が原因で別の異性に気持ちが流れてしまったのかを見定めなければなりません。

夫とやり直したい、妻とやり直したいと悩むのではなく、なぜ壊れてしまったのかという原因を突き止めてください。原因が改善されない限りは同じことを繰り返す形となってしまいます。それらを見つける作業もお手伝いしております。

交際相手がいる場合、そこを別れさせなければ復縁は出来ません。

別れさせ屋に頼んでその後復縁屋にも依頼をするとなると多額の費用がかかってしまいます。このような場合どのように対処すればよいのか。

ここでは復縁したい相手にすでに交際相手がいて、そしてもう同棲し始めているというケースでお話したいと思います。同棲カップルを別れさせるにはどうすればよいか、事例をもとに考えてみましょう。

私は愛知県名古屋市に住む女です。一年前に別れた彼との復縁を望んでいます。
彼とは仕事の関係で知り合いました。知り合ってすぐにお互い意識し始め付き合うまで日数はかかりませんでした。
ただ彼は仕事の関係で都内に移らなければならなくなり、遠距離ということで少しずつ気持ちの距離も離れてしまったのかもしれません。結果的に彼から別れを切り出されてしまいました。別れの理由は「他に好きな人が出来た」というものでした。

別れたくはありませんでしたが、ここで駄々をこねても状況は悪くするだけです。そのため彼の要求を受け入れ、その代わりに友達として会える環境だけは残しておきました。今は私が東京に行ったときに食事に行くだけの関係となっております。

彼女のことに関しては彼から少し聞いております。今現在彼の家に彼女が転がり込んでいるということです。

このように現在同棲しているわけですが、二人を別れさせることはできるのでしょうか。

本件の場合、彼の情報は揃っております。彼女については同棲しているため住まいはわかっている状態です。職場などの情報は住まいをもとに調べていけば判明するでしょう。
別々に暮らしていた場合、彼女の特定は彼の行動を監視して二人が会うのを待ち続けるしかありません。二人がいつどのように会うかは二人次第です。そのため特定に時間がかかることもあるでしょう。

例えばお宅様と彼のように遠距離なのであれば毎日会うこともなく、また毎週会うことも無いでしょう。月に一回程度しか会わないかもしれないわけで、それを特定するのは容易ではありません。
しかし今のカップルのように同棲していれば、特定は比較的スムーズです。別れさせ工作を行う上で同棲をしていることのメリットはここにあります。

もちろんデメリットもあります。

同棲していると普段から一緒に行動しているわけです。そうなると工作員を近づけていくのが容易ではありません。例えば職場も同じ、住まいも同じ、帰る時間も同じだとかなり難しくなるでしょう。

お宅様と彼は定期的に食事をしたりするようです。二人であっていることを彼女には話していないでしょう。元恋人と食事をしてくる話をするはずがありません。

彼は適当な嘘でごまかしているのだと思います。そうなるとその時間帯は彼女一人で行動しているわけです。このような隙間を上手く利用して工作を仕掛けていきます。

このケースで重要なのは依頼人と彼との関係です。
例え今の彼女と別れる、または関係が悪くなったとしても依頼人と彼の関係が悪いままでは復縁は目指せません。復縁を目指すためには関係の修復が必要です。食事だけの関係ではなくもう一歩踏み込んでおく必要があるでしょう。

工作自体は彼女に行うとしても、彼側も対処しておかなければなりません。依頼人自らが工作員となり彼に工作を仕掛ける形です。これであれば金銭的負担を減らせます。彼への対処はこちらで指示します。

このように両サイドから攻略することで別れさせ及び復縁の可能性が高まります。

メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談

クレジット決済可能