別れさせ屋専門

復縁したいけれどすでに相手は別の人と交際している場合の対処法

復縁したいけれどすでに別の人と交際しているからそこを別れさせたい。その場合の対処法

問合せ

復縁のための別れさせ工作

別れさせたいと考える人は別れさせるのが最終目的ではないことが多いです。
交際相手が既婚者。不倫関係なので夫婦を別れさせて正式に付き合いたいというものや本ページで説明するような復縁したいけど相手は別の人と交際しているというものもあります。

別れの原因というのは様々です。お互いの気持ちのすれ違いによって別れてしまったケースもあります。または別に好きな人ができて別れに至ることもあります。後者の場合、復縁を目指すのであれば新たな相手の存在をどうにかしなければなりません。また前者だとしても別れてから時間が経てば新たな交際相手が出現する恐れもあります。状況によっては復縁を目指すために別れさせの作業が必要になります。

復縁と別れさせは全く別物のように思えますが、行う作業は似たところがあります。
業者が行う復縁工作については「別れさせ屋が手掛ける復縁工作」をお読みください。

よりを戻したいと思った時に相手にアプローチをかけ、復縁の話をしていくわけですがすでに交際相手がいるという状態の場合は正式に付き合えません。
復縁ということは元交際相手です。付き合っている、または結婚相手がいる中でなかなか元交際相手と会うのも気まずいでしょう。
人によっては二股状態となることもありますが、そこは二番手という立場のままとなります。
結局は別れさせなければ本来の復縁にはなりません。もちろん二股状態が続く中で気持ちがこちら側に傾き、交際相手と別れる可能性というのはあるでしょう。
ただどのように考えているかわからない中でそれを待ち続けるというのは精神的な負担がかなり大きいでしょう。
いつ別れるのか、またいつ復縁してくれるのかわからないまま待ち続けるよりは対策を講じていったほうがよいと思います。

復縁を目指すための別れさせ工作について重要なポイントを挙げていきます。

よりを戻すためにはどこかしらで接点をもたなければなりません。別れの原因の修復は済んでいたとしても相手と接点が取れなければそれを伝えることもできません。連絡が取れないという状態では接点が持てません。復縁できる環境が整っているのに相手と連絡が取れなければそこから先に進まないのです。連絡が取れる環境ではない場合はそれを作り出す作業から行わなければなりません。まず相手の居場所が分かっているのかどうかが重要となります。居場所さえ分かっていれば接点を持つことは可能です。無い場合は特定作業が必要となるでしょう。
日ごろから連絡を取っているのであればアプローチをしたりすることもできます。ただ相手の反応などに合わせていく必要があります。とくに一度別れているわけです。相手があなたのことをどのように思っているかというのは重要になります。今でも別れた当時の感情を引きずっているようでは悪い印象が強く残ってしまっているでしょう。そのような状況で連絡をしてしまうと悪い方向に進んでしまいます。ただ連絡を取ればいい、接点を持てればよいというわけではなく連絡の取り方というのも重要なのです。

別れたけれど定期的に会える関係、別れた後は会っていない、絶縁状態でなにもできない。このように人によって状況が違います。
定期的に会える関係なのであれば特に嫌いになったというわけではないでしょう。絶縁状態という状態の場合は関係の修復作業に重きを置かなければなりません。

では修復作業というのはどういうものなのかという点に関してですが、ここに関しては別れの経緯によっても変わってくるでしょう。一般的に多い理由は価値観の違いによる気持ちのすれ違いです。恋人関係だとしてもあかの他人であり生まれ育った環境は違います。違いがあれば価値観も違うわけです。本来であればお互い意見しあいながら妥協点を見つけて関係を深めていくわけですが、それをせずにお互い話し合わないまま関係を続けていると、その時はよかったとしても躓いたときにすべてが壊れてしまうのです。相手を理解することが重要で、それは別れた後もできる部分です。過去を振り返り悔やむのではなく、過去の振り返り問題点を探しそれを改善していく作業が復縁では重要になります。別れの理由がわからない、別れの原因がわからないと悩んでいる方も、大体が価値観の違いが原因となります。絶縁状態で会えないというので悩むよりも前にここの修復が先です。

理由なく別れるということはなく、何らかの理由によって交際が破たんしているわけです。その理由が現在交際中の相手だったりすることもあるでしょう。

復縁で一番重要となるのは別れた原因の排除や緩和、修復です。

原因が改善していなければよりを戻したとしてもまた別れ話になってしまうでしょう。そのため原因の究明というのは重要です。別れた原因が曖昧でよくわからないという人もいるでしょう。また別れ話の際に話していた原因が本当の理由とは限りません。

原因が不明なのであればここを調べていく作業も必要となります。

別れさせるためには相手の身元が必要となります。結婚をしているのであれば同じ家に住んでいる可能性が高いです。しかし交際関係でその付き合いも浅いと同棲をせずに別々に住んでいることがあります。

住所や容姿、勤務先がわからない場合はまずそれらを特定する形となります。

お持ちの情報量にもよりますが、全くないのであれば復縁したい相手の行動を監視して交際相手を特定する形となるでしょう。

別れさせ工作が成功した場合、その後復縁を目指していくわけですが遠距離の場合、それがもととなってよりを戻せない可能性があります。とくによりを戻したタイミングで頻繁に会えるかどうかというのは重要な部分となります。復縁できたが会うのは月一という状態だと修復するのも難しくなります。復縁は一度にすべてを取り戻せるわけではありません。徐々に修復していくものです。しかし遠距離のため会えないという状態が続けば修復しづらくなるでしょう。気持ちも離れてしまい、また別れることになってしまいます。

このように復縁工作は情報量や状況などを加味し方針を決めていく形となります。別れたということは二人の間に何らかの問題があったからだと思いますが、そもそも付き合っていたわけですのでその時はお互い好意があったわけです。そのため今後の対処次第で修復できる可能性というは充分あると思います。

復縁したい相手に交際相手がいるとなった場合、別れさせ工作が必要となります。別れさせるのは簡単ではありません。しかし今の状態で待っていたとしても状況は変わりません。多くは難しい案件ですが、そのような中でも成果を出してきました。そのため諦めないでください。状況に合わせた方法を提案いたしますのでまずはご相談ください。

関連記事

弁護士の方から別れさせの依頼があることも
弁護士の方から別れさせの依頼があることも

弁護士や行政書士などの士業に従事する方へ 別れさせ屋のイメージは非常に悪いです。人為的に別れさせる行為が公序良俗に反す...

男性を対象とした別れさせ工作
男性を対象とした別れさせ工作

男性を対象とする場合 別れさせ屋の手法はターゲットに異性を近づけて好きにさせる、既成事実を作るといった手法がイメージさ...

自分の子供と交際相手を別れさせたい
自分の子供と交際相手を別れさせたい

娘や息子の交際相手と別れさせたい 自分の子供のことで別れさせ屋を利用する方もいらっしゃいます。 相談で多いのは以下の...

社内恋愛に関する別れさせ工作
社内恋愛に関する別れさせ工作

男女の問題で一番多い社内恋愛 男女間のトラブルは様々ありますが、成人している男女の間で一番多く起きる問題は社内恋愛によ...

看護師や医師などを対象とした別れさせる方法
看護師や医師などを対象とした別れさせる方法

ターゲットが病院関係者の場合 別れさせたい相手の職業が医師や看護師などの医療従事者の場合はかなりあります。その理由とし...

メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談