別れさせ屋専門

移動手段に合わせた別れさせの方法

対象者の移動手段は様々です。地方の場合は車両移動でしょう。都内や大阪の中心では公共交通機関が発達しており車両を所有しない人もいます。このように移動手段は人それぞれですのでそれに合わせる必要があります。

問合せ

ターゲットの移動手段によって方法が変わる

工作を行うためにはターゲットに工作員を近付ける作業が必要です。
当事務所ではこの接触作業をファーストアプローチと呼んでいます。
接点を持ち、その中で連絡先交換を目指すのです。
接点を持つというとナンパのようなイメージを持たれる方がいらっしゃいますが決してそのような安易な接触方法は取りません。自然な形で接点を持ち、先々の工作に悪影響を及ぼさないように連絡先交換をしていくのです。一度目の接触で連絡先交換というのは条件が全て揃っており、相手の懐に入りやすい状態でなければ難しいでしょう。そのため何度かに分けて接点を持ち、その中で連絡先交換を目指していくのです。
しかし自宅が分かっているからと言って直接インターホンを押して知り合うというのは不自然です。そうなると外出先を狙う形となります。そのためある程度の期間を設け、その中で行動を監視しつつ接触場所を探していくのです。ここで重要となるのが相手の移動手段です。

移動方法は人により様々です。電車移動の方もいれば自転車や自家用車を利用する方もいらっしゃいます。移動手段によっては接触方法や調査方針が変わる場合があります。本ページでは相手の移動手段に適した接触方法を考えていきます。

移動手段の代表的なものは以下のものとなります。

徒歩や電車、バスなどを利用する方。
自家用車を所有している方。
自転車、オートバイなどを所有し日常的に利用されている方。
タクシーを利用する方。

都内近県や大阪や福岡などの公共交通機関が発達している地域の方は自家用車を所有せず電車を利用する方が多くいます。地方の場合、車両を所有しているが札幌など電車移動がしやすいため普段は車を使わないという方もいるでしょう。

電車などを利用する方をターゲットにする場合のメリットは「移動時でも接触のチャンスがある」ということです。
一般的なお仕事をされている方は朝出勤し夜には自宅に帰ります。休日は交際相手の方と過ごすのでしょう。このような生活サイクルの方の場合、休日は一緒に過ごすため接点が持てません。そうなると平日に行う形ですがその平日も日中は仕事、帰っても明日も仕事のため自宅を出ない可能性があります。接点が持てるチャンスは勤務先と自宅の往復のみになります。
その中でどこかに立ち寄ればチャンスとなりますが、基本的に頻繁にどこかに行く人は少ないでしょう。そうなった場合接触すらできずに終了となってしまいます。ただ電車移動であれば移動時に接点が持てるのです。

人は基本的に電車に乗る際同じ車両に乗ることが多いのです。通勤時間帯であれば乗る電車も同じでしょう。いつも朝一緒の電車に乗っている人を見かけることは無いでしょうか。乗る場所が同じ理由は乗換えや目的地へのアクセスがしやすいためです。このようにある程度決まった動きを日々しているのです。そのため駅のホームや車内というのは接点が持てる一つの場所です。ただ混雑状況なども考えなければなりません。通勤ラッシュ時はもちろん、帰りの電車でも混雑しているようであれば接点が持ちづらいこともあるでしょう。そのあたりを考慮しながら進める形となります。

地方の場合普段から車移動というのがほとんどでしょう。コンビニに行くのさえ車という地域もあります。基本的に地方は車社会のところがほとんどです。そのため工作もそれに合わせて行うしかありません。徒歩との違いに関しては移動時に接点が持てないということになります。そのためどこかに立ち寄るのを待つしかないのです。日常的に生活は職場と自宅の往復です。どこにも立ち寄らずに帰宅してしまう人もいます。もちろんそれが毎日続くわけではありません。とくに車が生活必需品の地域は買い物に行くのも車両が必須です。都内であればコンビニに行くのもその時の気分で買いにいけますが、地方の場合は車のエンジンをかけ、運転しなければなりません。お酒を飲んでしまうと気軽にコンビニに行けなくなってしまうのです。このように動きが制限される部分があるからこそ仕事終わりに立ち寄る率は徒歩と比べると多いと思います。また車両移動の方をターゲットにする場合のメリットは、車があればそこに対象者がいるということが明確にわかります。例えばターゲットの自宅に車が停まっていれば在宅可能性がある、なければ不在の判断ができます。車を所有していない人の場合はこのような判断材料が乏しいのです。また不在だった場合車両のある場所に対象者がいるため、その人を探すのではなく車を探せばよいのです。車を利用する方をターゲットにする場合道路状況などにより追いきれないこともあるのですが基本的に地方は車両移動の方が多いため不可能ではありません。

車移動をする対象者よりも面倒なのが自転車やバイク、原付を利用する人です。車と同様車両の有無で居場所の判断ができるメリットがありますが、追うのが難しいという部分があります。特にバイクを所有し日々移動手段として活用している相手の場合、非常に難しくなります。オートバイは車と違いすり抜けができます。車と車の間を通るため実際に尾行する際は調査員も同じように追わなければなりません。また車とは違いバイクに乗る人は周りを気にする傾向があります。そのため尾行の難易度が高いのです。

移動手段の中で一番厄介なのが日々タクシーを利用する人です。タクシーはどこでも乗ることができます。そのため車両を用意して追う形は取れず、調査員もタクシーを利用することになります。全てはタクシーの運転手次第です。そのため調査員の技術に関係なく追いきれない恐れがあります。


このように移動手段によってもメリットとデメリットが存在します。

関連記事

長期化した不倫に関する別れさせ工作
長期化した不倫に関する別れさせ工作

ターゲットが40代以上の人の場合 別れさせ工作を依頼される方で一番多い年齢層は20代後半から40代前半です。恐らくこの...

同棲しているカップルを別れさせて復縁したい
同棲しているカップルを別れさせて復縁したい

同棲カップルを別れさせたい 交際の形というのは人それぞれです。付き合ってすぐ結婚する人、別々に生活をしている人、同棲し...

大学生でも別れさせ工作の依頼は可能か?
大学生でも別れさせ工作の依頼は可能か?

大学生だけど工作を依頼したい方へ 別れさせ工作を依頼する方の平均年齢は30代半ばの方が多いです。この傾向になるのはちょ...

結婚はしたものの離婚したい
結婚はしたものの離婚したい

結婚はしたものの離婚したい 場の流れで結婚。結果的に別れたいという相談が増えております。 結婚前はこの人と一緒になろ...

復縁したいけれどすでに相手は別の人と交際している場合の対処法
復縁したいけれどすでに相手は別の人と交際している場合の対処法

復縁のための別れさせ工作 別れさせたいと考える人は別れさせるのが最終目的ではないことが多いです。 交際相手が既婚者。...

メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談