別れさせ屋専門

もう一度やり直したい相手はすでに交際相手がいる

連絡は取れる状況。もう一度やり直したいけれど既に交際相手がいるといった状況の場合にどのようにして別れさせ屋を利用するか。

問合せ

もう一度やり直したいがすでに交際相手がいる

復縁をしたいがそれが叶わないケースがあります。復縁を目指すためには別れた原因の究明とそれの対処、また自分自身の改善ですが状況によってはそれだけ行っても無理がある場合があります。その一つにすでに交際相手がいるケースです。

別れた後に付き合っている、もしくは別れの原因が現在の彼氏彼女という場合もあるでしょう。このような場合別れさせる必要があります。以下の相談事例をもとにどのような方法が取れるか検証してみましょう。

私は埼玉に住む男性です。
学生時代より付き合っていた彼女と一年前に別れました。

別れの原因は付き合いが長くなりマンネリ化したものだと思います。

彼女は別れた後すぐに別の男性と交際したそうです。もしかしたら付き合っていた当時も二股状態だったのかもしれません。

現状彼女とは連絡は取れるものの彼に悪いからという理由で会ってはくれません。向こうから連絡が来ることはなく、こちらの質問には答えるという感じです。

私は復縁を望んでおりますが前述の通り彼氏がいる状態です。二人が別れればもう一度やり直すことができるのではないかと思っており今回相談をする形となりました。

ネットで検索すると別れさせ屋はかなりの数あるようです。どのサイトを見ても曖昧な感じですが、御社のサイトは比較的具体的に書いてありました。また費用対効果なども考え適した手法を選択できるという点に魅力を感じました。このような状態ですがお手伝いしてもらうことは可能でしょうか?ちなみに彼女の情報は一通りそろっておりますが男性に関しては年齢と大まかな住んでいる地域がわかる程度で職業など一切不明です。二人がどのような形で知り合ったのかも分かりません。彼女の職業柄外での出会いはあまりないため同じ職場の人か古くからの友達とかではないかと思っております。

このようなケースの場合別れさせが必要です。連絡が取れる状況というのは復縁をする上で重要なポイントとなります。しかし現状で連絡を取ったとしても事務的な対応しかしてくれません。連絡を取らなくなると忘れられるのではないか?と思い用もないのに連絡をしてしまう方がいらっしゃいますが、それは復縁をする上でマイナスとなるでしょう。

連絡を取らなくなれば記憶から薄れていくのは確かです。しかし気持ちが冷めきっている状態でそれをすれば印象は悪くなってしまいます。連絡を取るとしてもただ取るのではなく好印象で記憶に残るような形をとらなければなりません。またタイミングも重要となります。そのため無暗に連絡をするのではなく、計画的に行うべきでしょう。相談者の方と彼女の関係はそれで現状を維持することができますが、復縁をするためには障害を取り除かなければなりません。

今回の障害は今の彼と彼女の関係です。ここが別れなければ復縁の可能性はゼロでしょう。諸々から別れさせ工作が必要となります。一般的な方法は男性側に異性を近づける形ですが、それをするためには男性の身元を特定していかなければなりません。男性の情報はありませんので特定するためには彼女をターゲットとして行う形でしょう。ただ二人がどのように会っているかは不明です。職業がわかっていればある程度予測も立てやすいのですが、それがないとなると彼女側の情報や相談者の方と彼女との交際当時の情報をもとに絞っていく形となるでしょう。

交際当時、週末に会っていたのであれば週末に絞る、平日会っていたのであればそちらを重点的に調査を行う。調査も闇雲におこなうのではなくある程度計画的に行うのが得策です。しかしそれでも特定できないケースという場合もあります。遠距離などで会う頻度が限りなく少ない、偶然その時会っていなかった、さらには交際の事実すら嘘であった。このように特定できない場合があります。特定できないとなると彼氏に対して工作を行えません。何もえれずお金だけかかってしまい失敗という場合もあるでしょう。そのためこのような場合は彼氏をターゲットとして絞るのではなく彼女も工作対象として考える形が適していると思います。

どこの誰なのかもわからない相手をターゲットとして工作を行うのではなく趣味嗜好や行動範囲、性格などがわかっている彼女を対象として行うというのも一つの手法です。彼女であれば調べる必要もなく工作に着手ができます。彼女に行う作業は異性を近づけるという形ではありません。行う作業は同性工作員を近付ける心理誘導です。

結局のところ付き合う別れるというのは彼女次第です。つまり彼女が相談者の方と別れた時のように自分で決断を出せば別れさせが成功するわけです。異性を近づけて浮気をさせる、三角関係を作り出す形よりも気持ちを変えていくほうが効果があるでしょう。当事務所はこちらの作業のほうが多くあり、成功例も多いです。人の気持ちを変えるのは簡単ではありません。簡単なのであれば業者を利用する必要はないでしょう。費用を支払い目的を達成したいのであれば可能性の高いほうを選択すべきかと思います。

関連記事

別れさせの逆である復縁も依頼できるのか?
別れさせの逆である復縁も依頼できるのか?

別れさせ工作と復縁の関係性 別れさせ屋とは男女の恋愛を工作という作業を用いて終わらせる業務をしている人、またはその集団...

不倫から正式に交際するための別れさせ屋プラン
no image

別れさせ屋の行う不倫の対処法 出会うのがもう少し早ければ正式に交際ができたのに。このように考える人は多いのではないでし...

看護師や医師などを対象とした別れさせる方法
看護師や医師などを対象とした別れさせる方法

ターゲットが病院関係者の場合 別れさせたい相手の職業が医師や看護師などの医療従事者の場合はかなりあります。その理由とし...

状況から早く離婚させる方法の見定め方
状況から早く離婚させる方法の見定め方

早く離婚させる方法を考える 不倫をしている人の多くは一緒になりたいと考えている方がいらっしゃいます。しかし一緒になるた...

別れさせ工作は海外でも対応しております
別れさせ工作は海外でも対応しております

海外で行うほうがメリットがある場合も 当事務所では全国対応で別れさせ工作を行っております。また海外の案件に関しても対応...

メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談