別れさせ屋アライバル

料金システム

各社さまざまな料金システムがありますが、当事務所は他社とは違った考え方で行っております。安心してご利用できるシステムをめざし、一度にすべての着手金を支払わなくてよい形にいたしました。
問合せ

安心して利用ができる着手成功報酬制を採用

別れさせ屋は数百社ほどあるといわれておりますが、そのほとんどが着手金を一度にまとめて支払う料金システムとなっております。
契約時に着手金の全てを支払い、成果の基準を満たした場合に成功報酬を支払うシステムです。ごく一般的な料金システムですが工作の場合だとあまり適していません。その理由は工作は不確定要素があるからです。

当初予定していた通りに進められるのであればまとめて支払う形でも問題ないでしょう。しかし短期間で成果の出るものではなく、長期的に行うためその中で状況も変わります。また相手の行動や反応も事前に予測ができません。このように進めていく中でその都度方針を決めなおさなければなりません。

当事務所では結果に応じて手法を変える柔軟な体制を取るため、料金の支払いを一度に支払うのではなく、行う作業に応じて着手金をお支払していただくシステムを採用しました。

経費、アドバイス、定期報告、アフターフォローすべて含みます。報告は写真付きで事前に報告日を決めますので安心して依頼が可能です。
※方法や情報量により異なりますので詳しくはお問い合わせください

情報量により料金が異なります。一通りの情報が揃っていればこの部分の費用はかかりません。住まいが分からない等あれば、それの特定をする形となります。調査期間は二週間程度です。調査が不要な場合、この作業は行いませんのでその分負担が軽減されます。


工作員をターゲットに近づけ接触をする作業をこの段階で行います。相手の行動パターンを確認しつつ動きの中で接点を見つけ連絡先交換を目指します。料金は地域や相手の職業などで変化いたします。経費はすべて料金に含まれております。


一ヶ月あたり10万円ですが、一ヶ月で結果を出すのは困難です。最短でも二ヶ月、平均三ヶ月ほどとなります。期間に関しては案件や手法により異なりますので個別に決める形となります。成功報酬は契約時に取り決め書面にて作成する形となります。


一度にすべての費用を支払うのではなく作業毎に分割して支払う形であれば依頼人の負担を軽減できます。またその都度担当者と話し合いながら方針を決められるメリットがあります。
着手金を支払ったら連絡が取りづらくなるといった不誠実な業者も中にはあるようです。しかしこの料金システムであればそのような不安はありません。

料金の支払いの総額は成功報酬を合わせますと総費用は100万~180万円とひらきがあります。情報の有無や地域、手法により異なります。

依頼をする上で地方だと高くなるのではないか?と思われる方も多いですが、当事務所は地方でも安心して利用ができる形で行っています。

当事務所では地方と都内で料金の差はほとんどありません。

地方にお住まいの方で依頼を考えている、その際に気になるのが「遠方だと料金が高くなってしまうのではないか?」という部分だと思います。

関東であれば業者が選べますが地方だとそれができません。地元に支社があるのでそこで頼もうとする人もいるでしょう。しかしそれは間違った選択です。

探偵業で全国に支社があるところはほんの一握りで、その支社というのもフランチャイズ形式のため、屋号が同じだけで実際は別の会社です。別れさせ屋業に関しては、支社があるところは無いと考えてよいでしょう。地方に事務所があったとしても、それはレンタルオフィスを借りて実際はスタッフが常駐していないようなところです。届出上は支社扱いですが、イメージする支社とは大きくかけ離れます。結局は依頼後は都内からスタッフを派遣する形です。そのため交通費などの経費は別名目で請求されているのです。安く済ませるはずが結局同じ金額を取られるわけです。それであれば地域関係なくしっかりした業者を選んだ方がよいでしょう。

当事務所は東京に本所があり、地方に支店はありません。そのため地方で行う場合交通費の負担があります。ただ都内と地方で金額的に差がない形で受けられるように勤めております。

その都度往復をすれば当然交通費が負担になります。そのため一度に集中して行う形で経費負担を少なくしています。この形であれば出費は少なくて済むでしょう。

手法次第で金銭的な負担は少なくできます。都内で行うのと地方で行うのと変わりはありませんのでご安心ください。

交通費や経費は着手金にすべて含まれております。基本的には事前に提示した金額以外の費用は掛かりません。これは地方だとしても同様です。工作地域が海外でも事前に交通費は見積もりで提示しますので基本的に追加で費用がかかることはありません。

いくらかかるかわからない中で行うのは不安です。予算内におさまらず後々になって追加で経費を請求されたくはないでしょう。当事務所では交通費や経費もすべて着手金に含まれておりますので安心してご利用できます。

別れさせ工作で気になるポイントは「成功するかどうか」とあとは「費用面」です。費用はどれくらいかかるのか、どの程度の金額で行えるのかは気になるところでしょう。
とくに依頼するのは初めての人がほとんどです。そのため相場がわからない、平均どれくらいかかるのかわからない不安もあるでしょう。

平均相場は150~200万円で当事務所もこれくらいの金額です。
案件によってはこれよりも低い金額の場合もあり、一概にこの金額がかかるというわけではありません。そのため相場の目安を見るよりもシステムや方法を見る方が良いと思います。

工作業者は複数あり、各社様々なシステムで行っております。
パック料金や実働制料金システム。先払いのところや後払いのところ。
このように支払方法に違いがある、また手法や考え方にも違いがあります。
費用の内訳は人件費や経費です。つまり作業量が多ければ工作費もそれに比例して高くなります。
例えば作業を1日だけ行うのと10日間連続で行うのとでは作業量は10倍違います。費用も同様に高くなります。このように作業量によって料金も変わりますのでそれを踏まえた上で何にお金がかかるのかを見ていきましょう。

まず最初に行う作業は調査です。調査員が対象者の行動を監視する作業から始まります。
当事務所では必要のない調査は行わないのですが、ほかの業者では「相手の行動を知るため」という名目で調査をするところもあります。

あくまでも探偵業界の平均ですが、一人の人間を使用する場合の時間単価は1万円前後のようです。
以前この業界にある協会で時間単価を決める話がありましたが、公正取引委員会に差し止められていました。自由競争でなければならないため、金額を横並びにはできなかったのでしょう。その際の金額が1万円前後でした。

ただ調査は一人ではできません。そのため複数人のスタッフを使わなければなりません。たとえば二人で8時間の調査を行えば16万円です。それを10日間行えば160万円かかってしまいます。
単価が安く、時間単価が5000円だった場合でも80万円の費用が掛かかります。
工作はさらに工作員が必要となります。調査員の一方が工作員だったとしても人件費だけで同額の費用が掛かるわけです。
そこにさらに交通費やそのほかの費用が発生するため、いろいろと合わせるとこれらの作業を行うにあたり200万円程度かかるということです。

もちろん、企業努力で低価格で提供できるよう各社努めています。
たとえば8時間ではなく4時間にすれば同じ金額で動ける日数は倍になります。時間単価を2000円にすれば負担に抑えられます。

このように単価が低ければ行える作業も増えるわけですが、そもそも必要のない調査を行っても無駄になるだけです。

調査は相手の私生活の動きを見れます。しかしそれはその日その時の動きでしかありません。相手の情報が一切ないのであれば調査は必要ですが、工作を行うための情報が揃っているのであればここにお金をかけるのはもったいないでしょう。
当事務所では情報が揃っていれば基本的に調査を行わず工作に着手いたします。その分費用の負担も軽減できる形となっております。

このように調査を行うかどうかという点で支払い総額も変わります。そのため相場というのはあってないようなものです。

工作業者の中には悪徳と呼ばれるようなところも実際にあるようです。
費用をもらった状態で何もしない「やらずぼったくり業者」。当初話していた金額だけではなくズルズルと追加費用をとってくる業者などもあります。
何もやらない業者の料金を平均相場に入れてしまうと、本来の平均とはかけ離れてしまいます。何もやらなければ10万でも20万でもよいわけです。
実際にそのような業者も多くあるため、そのあたりを加味して業者選びをしなければなりません。

最終的な目的が別れさせるまたは別れるというものだとしても現在の状況は人によって違います。
状況が変われば行う作業も変わり、作業が違えば支払う費用も変わります。場合によっては低価格で行えるものもあります。

一度にまとめて支払う必要が無いとしても、トータル費用は高額となってしまう別れさせ工作。誰しも安くできるのであればそちらのほうがよいでしょう。

低価格に抑えるポイントは行う作業を少なくすることです。

例えば別れさせたい相手がいた場合、そのどちらかに対し工作を仕掛ける形となります。どちらに対しても情報が揃っていれば調べる必要はありませんが、不足していればまずはそれらを調べる作業から行わなければなりません。つまり情報の有無で調査が必要かどうかが変わり、それにより負担額も変わるのです。

事前に情報が揃っていれば調査は必要ありません。
工作は対象となる人物に工作員を近づけていく形となりますが、相手の居場所が分からなければその作業が行えません。つまりまずは身元を特定しなければなりません。そのため事前調査が必要になります。しかしすでに住まいが分かっているのであればその調査を省けます。作業を減るのでその分費用も安くなります。

しかし安くするために自ら動くのは大変危険です。
当事者が動くのは様々なリスクを抱えることとなります。また直接聞く形も注意が必要でしょう。
最終的には工作で別れさせていきます。その工作前に無理に情報を聞き出した経緯があれば、依頼人が疑われる可能性もあります。あくまでも工作は別のところで起こっている形にしなければなりません。

負担を軽減させるためにとった行動が全ての費用を無駄にしてしまう恐れもあるのです。情報収集に関しては当事務所でもお受けしておりますので、無理にそれを行うのは避けましょう。

無理な情報収集は失敗する危険があります。
そのため無理のない情報収集をするべきでしょう。

情報が揃っていればその情報をしっかりと整理します。
ターゲットの住まい、勤務先、移動手段、出退勤の時間や趣味嗜好からブログやSNSなど、そろえられる情報はしっかりとメモしておくべきです。些細な情報だとしても、それが有益なものになる可能性は多くあります。

工作は情報操作と同じようなものです。情報操作するのにそもそもその情報が不足していれば可能性は下がってしまいます。しかし情報収集だけを行っていても仕方がありません。このあたりの塩梅は状況をお聞きした上で適切な形を取るわけですが、事前に情報が整理されているのとそうでないとでは大きく変わってくるのです。

そのため相談される際は、

どのような情報をお持ちなのか、
どのルートで仕入れた情報なのか、
その情報の正確性は高いのか低いのか、

をおっしゃっていただければそれに合わせた方法を提案しやすくなります。

ご予算状況なども加味して手法を提案します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

工作の費用はまとまった金額が必要となります。当事務所は作業ごとに支払うシステムで、一度に支払うのではなく数カ月間の中で着手金及び成功報酬を支払う形となります。ただそれでもある程度まとまった費用が必要となります。
まとまった費用は捻出できないが毎月の収入があり、それで支払うことが可能。分割払いが出来れば依頼が出来るという人もいます。そのため分割支払いは可能か?というお問合せも多くあります。

当事務所はクレジット決済が可能となっております。
カードをお持ちであればご利用可能です。

カード支払いであれば以後は信販会社とご依頼者様との間で支払い方法や支払時期などを決める形となります。分割払いだけでなくリボ払いなどに変更も可能でしょう。まとまったお金が入れば一括決済も可能です。

カードをお持ちでない場合は、まずはクレジットカード審査をお勧めします。分割払いをご希望で、毎月収入がありそれで分割払いを検討している方であればカードの審査も通るでしょう。そのためまずは信販会社にカードの申し込みをしてみてください。ただご依頼者様の収入状況によってはカード利用額の上限が異なります。場合によっては複数枚のカードを用意しなければならないこともあるでしょう。

別れさせ工作はある程度の期間が必要となります。
工作で一番多い期間は4カ月~半年です。半年以内に成果が出ているものがほとんどです。そのような中で例えば費用を10回払い、20回払いとした場合、工作が終了した後も支払い続けることになります。

工作業者が直接貸す形を取っていた場合、終了後も業者とのやり取りが続いてしまいます。例えば相手夫婦を別れさせることができ恋愛成就ができた。以後は幸せな生活が待っている状態になってもローンが残ったままだと業者との関係を断ちきれません。返済が完了しない限り業者とつながっているのはリスクです。つながりを対象者に気づかれてしまい成功していた工作がばれてしまう恐れもあります。そのため業者とは依頼時以外で接点は極力なくすべきでしょう。
このようなことがありますのでご予算が不足している方にはクレジットカード決済でお願いしております。

インターネットで決済しますので遠方にお住まいの方でもスマートフォン、タブレットまたはパソコンをお持ちであれば決済可能です。

支払方法や分割ローンについては直接ご利用される信販会社にお問合せしていただき変更すればご依頼者様の支払いペースに合わせることができます。カード会社から借り入れる形となりますので工作が終了した後はカード会社とのやり取りのみになります。

ローンや分割をご希望の方で一番多い支払い方は、初期費用は現金を用意し、不足が出た場合や後半の費用に関してはクレジットカードで決済する形を選ぶ方が多いです。

また銀行ローンやカードローンで費用を用立てる方もいらっしゃいます。銀行や消費者金融から融資を受ける形となります。借り入れできる金額は収入によって異なりますのでカードローンをご希望の方はお近くの金融機関にお尋ねください。

手元に費用はないが別れさせ工作を成功させたい、どうしても離婚させたいとお考えの方が分割やローンを希望するわけですが、クレジット決済、分割やローンというのは借り入れです。借り入れですので最終的にはご自身が支払わなければなりません。そのためご自身の収入や支出などと照らし合わせ、計画的にローンや分割、借り入れをしてください。

メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談

クレジット決済可能