別れさせ屋専門

依頼する前に知っておくべき注意点

別れさせ屋に相談をする前にあなた自身がすべきこと。これをすることで成功率アップにつながります。

問合せ

依頼をする前にあなたがすべきこと

依頼を考えた際にどうすべきなのか、また依頼中は何をすべきなのかをまとめました。これを実行することで工作の可能性を高めるだけでなく、あなた自身の気持ちの安定、また先々の恋愛力を高める可能性があります。参考にしてみてください。

別れさせを依頼したいと考える方の中には冷静な判断ができていない方が多くいらっしゃいます。そのため業者を選ぶ際もまともに考えられず結果的に悪徳と呼ばれるところに騙されてしまうのでしょう。とくに工作を依頼される方は藁にもすがる思いなのだと思います。このような思考では業者選びも上手くいかないでしょう。そのため一度冷静になって考えることをお勧めします。確かに工作は早期に着手したほうが効果が高いものが多いです。しかし考える時間が全くないわけではありません。冷静になるための時間はほんの数分で良いのです。業者に言われたことを全て鵜呑みにするのではなく、一度考える努力をしてみましょう。冷静になってみることで工作を依頼するのを辞める選択をする方もいらっしゃるかもしれません。今まで以上に依頼したいという気持ちが高まるかもしれません。ただこのように一度しっかりと考えるべきなのです。このように冷静さを保つというのは業者を選ぶうえで一番重要なポイントとなるでしょう。これが出来たら業者選びをします。

むやみやたらと相談をするのではなく、ちゃんと見て相談をするべきでしょう。これはこの業界特有の問題があるからです。探偵業というのは非常に閉鎖的な業種です。その理由は「人に知られたくないもの」を扱う業種だからです。そのため口コミで広がることも無く、表立って営業できるものでもありません。人の不幸を糧にしているとも考えられるでしょう。あまり日当たりの良い業種とは言えません。このように扱うものが極めて特殊なため業界自体不透明な部分が多いのです。不透明すぎるという理由で「探偵業法」という法律が出来ましたが、あくまでも警察が管理しやすいようにしただけであり、依頼を考えている人には何もわからないままです。そのわからないという状態を利用して様々な名前で法人を設立し、そこから集客をしようとしている業者もあるのです。A社、B社、C社と三つの業者があったとしても、それらすべてが同じ母体ということは多いのです。A社は高級志向、B社は一般向け、C社は格安というように料金の色分けをすれば、様々な人に対応できるのです。ただ母体が同じですので行う作業に変わりありません。つまりどこに相談しても同じような回答が返ってくるだけなのです。もちろん料金には違いがあるのだと思いますが、これであればC社に電話をかけるのが一番よさそうです。

届け出は法人ごとのためこのような形で行うのは何も問題なく、また同一法人だとしても複数の屋号で運営すること自体法律上の問題はありません。これも一つのビジネススタイルであり他の業界でも似たケースはあるのだと思います。しかし同じところに何度も相談しても返ってくる内容は一緒です。それに費やす時間は無駄ということです。検索サイトで出てきたところを片っ端から電話をして相談をする、また定型文を作って相談できるところ全てに送るというのは無駄なのです。相談をするのであればちゃんと業者の考えなどを理解し、それでも相談したいと思えるところを選ぶべきでしょう。もちろんホームページ上では見えないところはあるかもしれません。ただ見える部分はかなり多いと思います。そのため、相談先はある程度絞って行うべきでしょう。数社ほどに絞ればちゃんと業者を見やすくできると思います。

全く見ず知らずの人に自分の悩みを打ち明けるというのは勇気のいることだと思います。しかし、隠せば業者からの提案も曖昧なものになってしまいます。より具体的に状況を話すことをお勧めします。また話す際は嘘は禁物です。業者は事実としてそれをもとに方法を考えるため、そこに嘘が介在すれば提案された内容が適さない可能性もあるのです。相談する際は事実をそのまま伝えるべきでしょう。もちろん、個人が特定できる内容などは伏せるべきです。それに至った経緯、現在の状況、最終的な目的は最低限伝えておくべきでしょう。ただ業者の中にはそのあたりの状況を一切聞かずに方法を提案してくるところもあるようです。そのようなところは流れ作業のように相談を受け、与えられた業務をただ淡々とこなしているだけです。工作は単純作業でできるものではありません。案件ごと一つずつ適した方法があるわけで、それに見合った手法を考えるのであれば、相談内容を詳しく聞かなければなりません。それをしないところは注意すべきでしょう。

このようにして自分に合った業者を探していくのです。よくどの業者が一番良いか?という質問を受けますが、それを業者側にするのは不適切です。掲示板などでも業者の良し悪しが書いてありますが、匿名性の高い場所では何の参考にもならないでしょう。結局は自分で探し出すしかないのです。それなのであれば自分が良いと思ったところに依頼をするのが良いと思います。このように業者を選ぶのはご自身です。そのため常に冷静さを保つ必要があるのです。

次のページでは依頼中にすべきこと、心がけることのお話を致します。復縁や恋愛成就も視野に入れているのであればこのページもお読みください。

依頼したときにあなたのすべきこと
依頼したときにあなたのすべきこと

別れさせ屋に依頼をしたら結果を待つ。それでは可能性を下げてしまいます。成功に近づけるためにあなたが取るべき行動と

関連記事

罪悪感があり別れさせ屋に頼めない方へ
罪悪感があり別れさせ屋に頼めない方へ

罪悪感と別れさせ工作 別れさせたいという衝動は個人的感情の一つです。相談者の中には自分の目的を達成させるためにそのよう...

悪徳な別れさせ屋にご注意してください
悪徳な別れさせ屋にご注意してください

悪徳な別れさせ屋に騙されないために 別れさせ業者は数百社あると言われております。業者により方法や料金など様々ですが、なかに...

別れさせたいと考える方は日本国内だけではない
別れさせたいと考える方は日本国内だけではない

別れさせは海外でも? 別れさせたいと考える方は決して日本国内だけではありません。海外でもこの手のサービスはあるようです...

お受けできないケース
お受けできないケース

別れさせ屋工作を受けられないケース 当事務所ではどのような案件でもそれに適した手法を考えます。そのため基本的にはどのよ...

他社で失敗した。二社目の別れさせ屋を探している方へ
他社で失敗した。二社目の別れさせ屋を探している方へ

別れさせ屋工作を他社された方へ 業者は様々あり、各社料金や手法が異なります。中には何もしないようないわゆるボッタクリ業者と...

メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談