別れさせ屋専門

成功率を高めるポイント

少しでも成功率を高めたい。別れさせ屋工作は方法次第で成功率が高まるのです。重要となるポイントをまとめました。

問合せ

別れさせ屋に依頼する前に

別れさせ屋工作のポイントは相手の状況把握及びどのようなプランが適切なのかどうかを事前に予測しながら行なっていくのがポイントになってきます。しかし事前に予測できない部分も多く、予測外の出来事も起きてくるでしょう。あくまでもプラン作成というものは柱となる骨組みに過ぎません。状況に応じて対応していく方法がポイントになってくるでしょう。

重要なポイントは以下のものとなります。

別れさせ工作の初期段階は工作員を近づけていく接触工作から始めることになります。この作業は工作を円滑に行うための準備作業でこれがうまくいかなければ先には進めません。自然な形で接点を持つわけですが相手の行動パターンや業種に合わせて行っていく形となります。

相手がどのような行動パターンなのか車両で移動なのか電車・徒歩で移動なのかそれとも自転車での移動なのか。また相手の勤務先はどのような場所、職種なのか接客業なのかそれとも事務などの内勤なのか、また休日の有無、休日の行動および行動範囲など相手の行動パターンにより方法が変わってきます。

例えば接客業であれば職場に行けば接触を行なえますが事務などの内勤であれば勤務先での接触は難しくなるだろうと思います。また車を利用する場合は移動時に接点を持つなどができなくなります。このようにターゲットの生活スタイルによって手法は変わります。相手の行動パターンを読み、ごく自然な接触方法を考えていくのが重要なポイントになって来るでしょう。

ターゲットが車両で移動する場合、接点の持てるチャンスは制限されますが自宅駐車場に車が停まっていれば在宅中ということがわかります。また外出すればどこかに行くということが想定できます。接点のチャンスがないというわけではありません。

一番厄介なのは全く外出しない人です。買い物にも行かず、また休みの日も家の中で過ごすような人の場合は接点が持てません。仕事をしている人であればある程度決まった時間に外出するでしょう。専業主婦だとしても定期的に買い物には出かけます。全く出かけない人に工作は行えません。病気などでない限り日常生活をしていれば外出はある程度すると思いますので出不精の人だとしてもそこを狙って接点を見つけ出していくしかないでしょう。

結婚している対象者、独身の対象者では方法が変わってきます。結婚は恋愛感情だけでなく家族のつながり、家同士のつながりでもあります。仮に恋愛感情が破綻し家庭内が崩壊していたとしても独身者における恋人の別れのようにはいかないでしょう。家庭内が破綻していても離婚には踏み切れない婚姻関係を継続しなければならない原因があります。工作を行う前の事前調査でその原因が入手できる場合もあります。

一番重要になるポイントというのは原因の究明及び緩和になってきます。また相手が独身であっても同棲しているのかなど様々な情報が必要になってくるでしょう。相手が独身であるのと既婚者であるのでは方法は変わってくるでしょう。

このように状況が違えば方法が変わってきます。

情報があるとないとでは方法が変わり、基本的な情報がなければ工作よりも先に調査を行わなければなりません。また、工作を行う際、依頼者様が疑われるような工作方法は依頼者様のご要望がない限りは提案しません。今後依頼者様がどのようにしたいかなどを相談の段階で明確にしてもらい、それに適した方法で提案していきます。対象者の性格・行動・理念・心情など、不確定要素が多数あります。成功させるポイントは不確定要素を出来る限り少なくしていくことがポイントです。

まず相手の基本的な情報がなければ行えません。行う前に事前情報を仕入れていかなければなりません。相手の情報がなければ調査を行い相手の情報入手をしていかなければなりません。

例えば勤務先はわかるが住んでいる場所がわからない人を対象とした場合、休日の動きを見ることができません。そうなると工作を行える日は平日に限定されます。このように情報が少なければ作業も限定されます。自宅以外でも趣味嗜好や性格などが事前にわかっていると工作も進めやすくなります。ただ性格などは調査で調べるのは難しいです。そのため事前情報を入手するとしても最低限の情報を集めるだけでよいでしょう。

ご自身で行うという方法もありますがこの時点で相手に警戒されてしまっては難しくなるでしょう。弊社でも調査を行なうことができますのでお気軽にご相談ください。

※情報が不足している場合は、事前に調査を行う形になりますが情報が揃っている場合は調査を行わずに工作に着手いたします。

行うに当たり相手が誰なのかを明確にしていきます。例えば相手が男性なのか女性なのか、どちらに仕掛けるのかを決めていかなければなりません。ただどの手法が適しているのかというのを着手前に判断するのは容易ではありません。そのためあくまでも着手前の方針として大まかなプランのもとにターゲットを決めておくだけでよいでしょう。あとは工作を進めつつ判断していけばよいと思います。

相談の段階、調査前の段階では弊社にも相手の状況が分かりません。情報となるのが依頼者様から頂く情報だけとなります。お教えいただいた情報から今までの経験を元にプランのご提案をさせていただいておりますが、状況によっては私どもよりもアナタ様自身の方が対象者のことをご理解していることもございます。相手がどのような性格かなど理解していることもあります。

弊社でのプランのご提供はあくまでも経験則からのプランであり客観的意見に過ぎません。プラン作成の際はアナタ様のお考え頂いているプランなどをお教えいただきそれを踏まえてプランを作成していくのが効果的と思います。

工作を行う上で成果や可能性の次に気になるところは金額面だと思います。どれくらいかかるのか?支払える額なのか?という疑問も多くあります。工作費用に関しては行う作業によって前後いたします。また予算により方法も変わります。どの程度の予算枠で行なうのか、事前に考えておく必要があります。

予算枠が多ければそれに合わせて手法も増えます。ただ支払える費用には限りがあります。限りがある以上、その中でできる手法を考えなければなりません。ご予算が不足しているのであれば無理に行うよりも支払える額に合わせた手法を選択した方が可能性は高まります。

このように相手の状況把握及びどのようなプランが適切なのかどうかを事前に予測しながら行なっていくのがポイントになってきます。また相談者様、依頼人様の対応などで可能性は大きく変わるものです。次のページでは相談時における注意点をまとめましたのでご確認ください。

依頼する前に知っておくべき注意点
依頼する前に知っておくべき注意点

別れさせ屋に相談をする前にあなた自身がすべきこと。これをすることで成功率アップにつながります。

関連記事

罪悪感があり別れさせ屋に頼めない方へ
罪悪感があり別れさせ屋に頼めない方へ

罪悪感と別れさせ工作 別れさせたいという衝動は個人的感情の一つです。相談者の中には自分の目的を達成させるためにそのよう...

他社で失敗した。二社目の別れさせ屋を探している方へ
他社で失敗した。二社目の別れさせ屋を探している方へ

別れさせ屋工作を他社された方へ 業者は様々あり、各社料金や手法が異なります。中には何もしないようないわゆるボッタクリ業者と...

失敗を招く別れさせ工作のパターン
失敗を招く別れさせ工作のパターン

このようなケースが失敗する。 別れさせ工作を行う上で注意すべきパターン 絶対に成功させたい。依頼をするのであれば...

別れさせ屋の工作員ってどんな人がやってるの?
別れさせ屋の工作員ってどんな人がやってるの?

別れさせ工作員はどんな人? 工作員と聞くと諜報員などのスパイ活動をする印象がもたれますが、別れさせ屋におけるソレは少し...

依頼する前に知っておくべき注意点
依頼する前に知っておくべき注意点

依頼をする前にあなたがすべきこと 依頼を考えた際にどうすべきなのか、また依頼中は何をすべきなのかをまとめました。これを...

メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談