別れさせ屋専門

別れさせ屋とのトラブル実例

悪徳業者に騙された!このような話をよく聞きます。業者に騙されないようにするためには相談者自身が知恵を付けなければなりません。よくあるトラブルの実例をまとめました。

問合せ

別れさせ屋と依頼人との間に起こるトラブル実例

別れさせ屋業者とのトラブルは多く、それで失敗したケースもあるでしょう。
同ページではよくあるトラブル実例をまとめました。

担当者が話していた内容とは全く違う方法で進められてしまい結果失敗となってしまうケースがあるようです。依頼人が状況を把握するのが極めて難しいものです。そのため相談時と実際の動きとの差が出てしまうことがあるようです。このようなトラブルが発生するのは相談を受ける担当者と実際に現場を仕切る人が違うのが原因となっております。

大きな会社の場合このような問題が発生しやすい場合があります。現場を知らない担当者が理想を言っていたとしても、それが実現不可能なものであれば絵空事になってしまいます。提案内容が魅力的だとしてもそれが実行できなければ意味がありません。本来、担当者というのはその現場や案件の状況などを理解し、それに適した方法を提案すべきです。しかし経験の少ない人が担当になれば不測の事態に対応できないことも多くなってしまうでしょう。

工作は確実なものではありません。しかし不測の事態が起きたとしても瞬時に対応できる技術があれば可能性も高められるのです。このようなトラブルを回避する方法は、しっかりと担当者とやり取りをすることでしょう。またできれば担当者自身が現場に入るようなところの方が適切な対応をしてくれると思います。
面談担当者は案件に関わらないようなところは避けるべきでしょう。

契約前はしっかりと連絡がとれていたのに、契約後はなぜか連絡が取れないというところがあります。このような業者の特徴は報告をちゃんとしたいところに多いようです。

警察では「報告日時を決める」ということを契約時に定めなければならないということを探偵業法の見解として示しています。適時報告、随時報告というのは如何にもちゃんと報告するように見えて、日時が決まっておりません。業者の中には着手金だけ取り実際は何もしないところもあるようです。連絡が取れないということは「報告する材料がなく逃げている」のでしょう。非通知で電話を掛けると出るが、通知して電話を掛けると出ないというのは明らかに避けているのでしょう。しかし、無理に連絡を取ろうとすれば担当者の気を損ね、しっかりと対応してくれないのではないか?と不安になってしまう方もいらっしゃるでしょう。費用を支払っているのは依頼人にもかかわらず業者の顔色を伺いながら工作を進めるというのは本末転倒です。

本来であればこのような状態はあってはなりません。担当者と連絡が取れなければ進展状況もわからず、またアドバイスが欲しいときもそれらのサービスが受けられません。さらには不測の事態が生じた際に早期対応が遅れ、可能性を下げてしまう恐れもあります。そのためトラブルとならないように担当者と連絡が取れる連絡先は聞いておくべきでしょう。当事務所では緊急連絡先として担当者の連絡先をお伝えしております。異動時や別件の対応などがあり電話に出れない可能性もありますが、着信があれば数時間内に折り返すようにしております。

進展具合や結果というのは依頼している人からすれば気になるところだと思います。そのため請け負う業者は報告を行うのは当たり前の作業です。しかし業者の中には報告を一切しない、したとしても客観的な証拠(画像等)が無いところがあります。

依頼人は現場の状況がわかりません。そのため業者はそれを行っているという証拠を提示する義務があります。それらを提示しないところは何もしていない業者と考えるべきでしょう。客観的に動いているとわかる証拠がないのも動いていないのと同じです。文章で書かれてもそれが「作文」であれば依頼人は事実を知ることができません。報告がどのような形でされるのかをしっかりと契約前に聞くべきでしょう。

「違法な方法のため詳しく教えられません」このように言われた経験はないでしょうか?このような提案の仕方をしてくるところは、違法合法以前に依頼をするまたは相談をするのをやめた方がよいでしょう。それが本当に違法行為なのであれば先々大きな問題を抱えています。明るみとなれば事件となり、依頼した人にも被害がでてしまうでしょう。バレなければよいというものではありません。またその業者が違法なことをせず詐欺行為をしていた場合でも、依頼人は違法な方法を頼んだという形になり、返金はされず場合によっては罪に問われることもあるでしょう。
実際に過去、工作業者に殺人依頼をしたという事件もありました。その業者は「殺すつもりはなかった」という理由で殺人未遂ではなく詐欺で逮捕されましたが、依頼人は殺人未遂で逮捕されました。事件が明るみとなったきっかけは」依頼人が警察に相談したのがきっかけです。このように違法な方法を頼んだのであれば警察は対応してくれません。別れさせ屋工作はグレーなイメージを持たれておりますが、それは違法な手法を提案する業者が多いからだと思います。法律に抵触しない方法を行えば、このようなトラブルにはなりません。当事務所ではリスクを考慮して行っておりますのでご安心ください。

このような業者が非常に多いようです。当事務所では他社で失敗したという方からの相談が多いのですが、一番多いトラブル内容です。

別れさせ工作を行う上で調査は必要なのか?
別れさせ工作を行う上で調査は必要なのか?

別れさせ工作を行う上で調査を提案してくるところがありますが、そもそも調査が必要なのかどうかを相談事例に合わせて検

業者によっては調査だけしかしないところも存在します。依頼人の要望は叶えられなかったが、実際に業務は行ったというのが業者の言い分なのでしょう。とくにこのようなトラブルに発展するのは着手金を一度に支払うところです。当事務所のように着手金を別にしているところであればこのようなトラブルにはならないでしょう。これを判断するのは難しいと思います。そのため依頼をするのであれば当事務所のようなシステムのところを選ぶべきでしょう。

上記のトラブルが発生した場合、契約の解除をお勧めします。最低限の作業ができないということは、それ以上の作業ができるわけがありません。失敗すると考えてよいでしょう。別れさせ屋の行う仕事は依頼人の顔色を伺うのが業務ではありません。しかしこれらは一般的な業者であればできる作業内容です。顔色を伺うとかサービスを提供するとかのレベルではありません。事前に話していた内容と全く違うのであれば、そもそも契約として成り立っていませんので債務不履行です。場合によっては返金訴訟をしても良いと思います。工作の方法も重要ですが、このように業者を選ぶのもかなり重要ということをこころして相談してみてください。

関連記事

別れさせ工作を行う上で調査は必要なのか?
別れさせ工作を行う上で調査は必要なのか?

調査が必要なのかそうでないか 工作を行うためには場合によって調査が必要なものがあります。 ターゲットの身元がわか...

別れさせたいと考える方は日本国内だけではない
別れさせたいと考える方は日本国内だけではない

別れさせは海外でも? 別れさせたいと考える方は決して日本国内だけではありません。海外でもこの手のサービスはあるようです...

成功率を高めるポイント
成功率を高めるポイント

別れさせ屋に依頼する前に 別れさせ屋工作のポイントは相手の状況把握及びどのようなプランが適切なのかどうかを事前に予測し...

罪悪感があり別れさせ屋に頼めない方へ
罪悪感があり別れさせ屋に頼めない方へ

罪悪感と別れさせ工作 別れさせたいという衝動は個人的感情の一つです。相談者の中には自分の目的を達成させるためにそのよう...

悪徳な別れさせ屋にご注意してください
悪徳な別れさせ屋にご注意してください

悪徳な別れさせ屋に騙されないために 別れさせ業者は数百社あると言われております。業者により方法や料金など様々ですが、なかに...

メール、LINE@、メールフォームもしくはお電話にて24時間対応しております。

メールフォーム メール相談 電話相談 LINEで相談